電子書籍プレゼント

チェンマイのパッションフルーツが安すぎて驚き



東南アジアで暮らすようになってから、初めて食べた食べ物は色々あるが、パッションフルーツもその一つ。

日本にいるころには全く縁がなかったし、最初は猿の脳みそのようで見た目がグロテスクだという印象だった。

日本の価格の相場がよくわからないが、一応沖縄のほうでは売られているらしい。

もちろん東京でも一部のスーパーでは取り扱っているのではないかと思うが、少なくとも私には馴染みがなかったし、価格の相場もわからない。

今確認してみたところ、通販のお取り寄せだと24個で7380円というオンラインショップがあったり、あるいは3玉で990円とか、1キロで2770円とかそのくらいで売られている。

それに対して今回チェンマイのスーパーでみてみたところ、13個入りのドラゴンフルーツが59バーツ、日本円にすると200円いかないくらいだった。

パッションフルーツはあきらかに南国の原産なので、タイのほうが日本より安いだろうとは思っていたが、さすがにここまでの価格差があるとは驚きだった。

というより、そもそもパッションフルーツをスーパーで買ったときに、10個以上入っていて200円もしないというのがかなり驚き。

マレーシアに住んでいるときには、近所のジャスコで朝食の果物を買っていたが、パッションフルーツを見かけた記憶はない。

タイとは隣国なので気候はほぼ同じだし、置いていなかったのか、それとも得体のしれない果物として意識に入ってこなかっただけなのかはわからない。

とりあえず一袋パッションフルーツを買っていくことにした。

今泊まっているホテルは朝食のメニューを選ぶことができるようになっていて、ビュッフェ形式ではない。

果物がないので、パッションフルーツを買ってホテルのキッチンで真っ二つに一刀両断するだけで、大した手間でもない。

ちなみにドラゴンフルーツも立派なものが売っていたが、最近の興味ではもう完全にパッションフルーツ一択。

チェンマイだとOHAYOという無糖の豆乳と、シンハーやチャングのスパークリングウォーターも入れているので、ホテルの部屋のミニバーが一杯だがどうにか収めることができた。

これで明日からは毎朝パッションフルーツを食べることができる。

ひとまず今日はいい買い物ができた。

そしてスーパーに来る前はミルククリームマッサージという初めてのマッサージも受けることもできたし、たまたま発見したローカルレストランでポークカレーを食べてみた。

一応店に入る前にスパイシーかどうか聞いてみたら、スパイシーではないということだったので注文したが、実際辛さは全くなかった。

しかしながら、炊いたタイ米と文字通り豚肉だけのポークカレーで、さらにいえば非常にルーが脂っこく、一度食べれば十分という印象。

最近ではすっかりチェンマイで足を運ぶレストランも絞られてしまい、MAYAモールのデュークスや、MK、鉄板焼き宮崎、それ以外の店だとメキシコ料理や、AI寿司、一部の外国人向けタイ料理店等に限られてきたため、風穴を開けてくれるような店がホテルの徒歩圏内で見つかればいいのだが、やはり難しいらしい。


どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、

現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、

自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは

限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、

詳しくは以下の案内をどうぞ。


取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵

下見なしでの海外移住後、
フィリピンとマレーシアで
コンドミニアムを借りて生活。

その後、各国を周りながら
1年半のホテル暮らしを経験。

フィリピン永住権と
マレーシアのリタイアメントビザを取得済み。

8カ国に資産分散。

海外を活用しながら
住みたい街に住む生活を実践中。

伊田武蔵の変人疑惑

伊田のこれまで

経歴

カテゴリー
サイト内検索
人気記事