電子書籍プレゼント

チェンライ空港から市内へのアクセス。タクシーは独特なルールも




バンコクからチェンライに飛行機で飛んだ後、空港から市内のホテルまで移動することになったが、その際にはタクシーを利用した。

しかしながらチェンライ空港を出ても、タクシー乗り場が見当たらない。

出口を出てから左側に行ってみたが、駐車場が広がっているだけで、タクシー乗り場らしいものはなにもなく、再び到着口のゲートの近くの出口のあたりに戻ってみた。

そこで、車道を挟んだ向こう側で、タクシーへの誘導をしている男を見つけた。

彼が正規の誘導係なのか、単なる怪しい客引きなのか、いまいちよくわからなかったが、ぼーっと眺めていても埒が明かないし、彼が停めているタクシーは単なる白タクのような自家用車ではなく正式なタクシーだったので、道を渡って近づいていった。

こちらが声をかける前にタクシーかと聞かれたので、そうだと答えると、そこで待つように指示された。


乗車の順番が不可解なタクシー乗り場

私の前には2人先客がいて、一人目は40近い黒人の男。

どうやら彼が一番に来ていたらしい。

私の前にいた女性が先にタクシーに乗り、さらに私の後に来た別の女性がまたタクシーに乗ると、自分の順番はどうなっているのかと男が訴え始めた。

苦情を言うというほど非難がましい口ぶりではなかったが、「俺を忘れているんじゃないか」と苦笑いしながら主張をしていた。

その後、その人も無事にタクシーに案内され乗って行ったが、やってきた順番と乗車する順番がまったく一致していない。

私の前後を見ても、その傾向ははっきりとしていた。

どうやら、やってきたタクシーがどちら方面に行きたいかということを聞いて、乗客の行き先とマッチングしていたらしい。



チェンライのタクシーのローカルルール

なんにしても私も案内してもらったタクシーに乗り込んだところ、1キロ10バーツという料金だと聞いた。

これは事前に調べていた通りなので、OKして乗り込むことにした。

本来的にいうと、1キロ10バーツではなく実際はもっと安いはずだし、チェンライもバンコクと同じくメーターを使っているので、本来はそのメーターに従って料金を支払うだけでいい。

しかしながら、タイではそういった法的なルールよりも、慣習なのかローカルルールなのか、チェンライはチェンマイと同じく基本的に1キロ10バーツというのがこちらで横行しているルールで、その後もタクシーに乗るたびにそのルールだった。

割高といっても日本に比べればはるかに安いし、通常料金の2倍弱程度なので、大した金額にはならない。

チェンライは小さな街なので、1キロ10バーツで走っても大した金額にはならないので、変に料金交渉をされてメーターを使わないよりずっと気楽。

今回はクロックタワーから徒歩5分ほどの距離にあるホテルだったが、約11キロ走り、料金が110バーツ、他に空港の入場料が30バーツかかると言われたので、合計して140バーツとタクシーを使っても安価な移動だった。

ちなみに、メーターの正規の料金ではなく1キロ10バーツという料金体系に関しては、チェンライのタクシーでも乗車時に丁寧に説明をしてくれる女性ドライバーもいたし、乗るときには何も言わずに黙ってメーターを動かし、到着してからメーター通りに払おうとすると小ばかにしたように「1キロ10バーツだ」と言ってくるドライバーもいた。

この辺りの対応は一貫した法則があるわけではないようだが、一応チェンライでタクシーに乗るときにはメーター料金なのかどうかということを一言聞いておいたほうが、後々余計なトラブルになるのを防ぐことができる。

ちなみに空港近くにはかなり大きな和食レストランがあったが、場所が場所だけにアクセスするのが歩行者としては難しい。

空港まで歩いていける距離ではないし、帰りのタクシーを拾うのもなかなか難しそうな場所だったので、行ってみたいものの、機会が巡ってくることはなさそうな感じだった。

こうして空港から市内へのアクセスにはタクシーを利用し、Le Pattaホテルへと無事にたどりつくことができた。


伝えるのが難しいこと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?


本当はすべてあなた自身が決めていいことなのに、
現実の世界ではそれが許されない。


このブログを通して伝えたかったのは、
自由に生きるための具体的な方法。


しかし、断片的に情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。


そこで無料で学べる場としてメール講座を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。






取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵

「旅をするように暮らしたい」

そんな思いで2011年に
下見なしで海外移住後、
フィリピンとマレーシアで
コンドミニアムを借りて住む。

その後、
今後の移住先候補の視察のため、
各国を周り住環境の研究をしながら
2年9ヶ月のホテル暮らし。

1年間の台湾生活を経て、
現在はタイでの暮らしを満喫中。

フィリピン永住権と
マレーシアのリタイアメントビザ、
タイランドエリートを取得済み。

8カ国に資産分散。

伊田武蔵の変人疑惑

伊田のこれまで

経歴

カテゴリー
サイト内検索
人気記事