電子書籍プレゼント

地方へ移住する方が海外生活を始めるより難しい


すでに海外で暮らすようになってから4年半が経ったが、振り返ってみると、日本で地方に移住する方が難易度としてはむしろ高い気がする。

私も将来的には再び日本で暮らすこともうっすら視野には入れているし、不確定ではあるもののそういった未来も漠然と思い描いている。

その時には東京や大都市圏ではなくて、地方都市、あるいは限界集落まではいかないにしても田舎暮らしを一時的に行ってみることも考えている。

しかしながら、日本国内で引っ越しをして地方に移住するのも、実を言うとなかなかハードルが高い。

土地勘がないところであれば、そもそもどういったエリアに住むか見当をつけること自体が難しく、そうなってくると下見をして、色々な場所を見て回らなければいけない。

都会暮らしが長ければ地方の感覚が掴めないので、移動の足のことだったり、電車やバスの頻度であったり、そういったことも感覚のズレを修正していく必要がある。

そして何より大変なのは、地方移住に際しての引っ越し費用。

荷物が多ければ、この部分の料金がかさむことになる。

下手をすると、家具を買い換えた方が安いという結果にもなりかねない。

日本国内で引っ越しをする場合であれば、荷物を総入れ替えして全て捨ててしまい、新しいところで購入する人はレアなので、基本的には持っていくことを考えるはず。

となると、引っ越し業者に頼むか、もしくは自分で行うなり友人たちに手伝ってもらうなりして引っ越しを完了させることになる。

とはいえ、地方への移住の場合、新居までの距離がかなり遠いのであれば、友人たちに手伝ってもらうのもなかなか心が痛むところなので、やはり業者に頼む人が多いと思う。

それに対して、海外に移住した場合にどうだったかというと、私の場合は自分が持っていける範囲の荷物だけを持って、それ以外は捨ててしまった。

では、地方に引っ越す際も同じことができるのではないかという話だが、それは全然条件が違ってくる。


家具の扱いの違い

海外の場合多くの国では家具付きの家が多く、私がこれまで住んできたのもフルファーニッシュドと呼ばれる家具や家電が付いた部屋ばかり。

冷蔵庫やテレビ、洗濯機、ソファー、机といったかさばるものが全て部屋に備え付けなので、いちいち自分のものを持っていく必要がない。

ということで、私自身はそういった家具を所有することなく、賃貸物件の中にそういった家具も含まれているという扱いだった。

しかしながら、日本だとウィークリーマンションのような例外を除いて、基本的には家具家電は自分で用意するものであって、家主が準備して提供するもではない。

そうなってくると、地方移住に際して引っ越し費用がかさむという理由で家具を一旦処分すると、まずその処分代がかかるうえに、新居の近くで新しいものを調達する際の購入費がかかることになる。

仕事に関しても、日本国内の移動とはいえ、ある程度距離のある場所に移住するのであれば、実質的に現在の仕事を続けられることはなかなかないはず。

私のように自営業で、場所にとらわれずに働けるのであれば関係ないが、サラリーマンであれば会社から通える範囲に住むことが必須となるわけなので、転勤等を伴う場合でなければ、自分の意志で好きな場所に住むということはできない。

そうなってくると、必然的に新しい仕事を見つけることも必要になり、年齢によっては転職がなかなかうまくいかないリスクもある。

これに関していうと、海外に移住する場合であっても同じようなリスクはあるし、住む国の状況によっては、日本人が比較的就職しやすい国もあれば、ほとんど仕事が見つからないとか、最低限TOEIC900点程度の英語力がないと話にならないとか、条件は様々。

日本の地方に関しても、限界集落のようなところもあれば、トヨタの工場のお膝元のように、そこそこの仕事の量はあるものの業務はきつく、給料が安いとか、色々と条件というのは異なってくる。

日本全体として見ると、やはり東京に比べて地方は仕事が少なく、職種にしても給与にしても幅が狭くなってしまう傾向にある。

結局のところ、地方に移住するということを考えても、学生が就職に際して引っ越すとか、転勤を受け入れた場合とか、そういった例外を除くと、ほとんどの場合人生を投げ打つような覚悟で、引っ越すことになる。

そう考えると、引っ越し費用が安く、余計な荷物も持っていかなくて済むだけ、海外に移ってしまう方が、ある部分ではハードルが低い。

もちろんビザの問題を解消しなければいけないとか、人によっては言語や文化との接し方について学ばなければいけないとか、そういったこともあるので、一概に外国暮らしの方が楽であるというつもりはない。

ただ、実を言うと海外で暮らし始めるのも、日本の中で全然違う地方に引っ越すのも、そこまでの難易度の差はないのではないかというのが、これまでの経験で思うところ。

そして、どちらにしても言えることは、環境を変えるのは大きな負担でもあるし、実際その翌年にはストレスが原因で病気になるリスクも若干高まるという統計も出ている。

この統計というのは、引っ越しだけが原因ではなくて、離婚とか親族や家族との死別であるとか、あるいは転職とか、そういった様々な環境変化の影響について言及されていて、引っ越しも病気の罹患率を上げる一因となっている。

そういったデメリットもあるものの、既存の人間関係から解き放たれるとか、新しい生活習慣を確立するチャンスでもあるので、そういった意味でも新生活を上手に活用してほしいところ。

やはり環境が変わった時は、これまでの習慣を一気に置き去りにして、日常生活を再度組立直すのに適したタイミングということになる。


伝えるのが難しいこと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、

現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、

自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは

限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、

詳しくは以下の案内をどうぞ。


取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵

「旅をするように暮らしたい」

そんな思いで2011年に
下見なしで海外移住後、
フィリピンとマレーシアで
コンドミニアムを借りて住む。

その後、
今後の移住先候補の視察のため、
各国を周り住環境の研究をしながら
2年9ヶ月のホテル暮らし。

1年間の台湾生活を経て、
現在はタイでの暮らしを満喫中。

フィリピン永住権と
マレーシアのリタイアメントビザ、
タイランドエリートを取得済み。

8カ国に資産分散。

伊田武蔵の変人疑惑

伊田のこれまで

経歴

カテゴリー
サイト内検索
人気記事