電子書籍プレゼント

南の島を渡り歩く生き方を採用しなかった理由



もう日本での生活を終えて、海外での暮らしが基本になった今、南の島を転々としながら暮らしていくのも、一つの選択肢となった。

これまでも定住生活を送ってきたのは、フィリピンやマレーシアといったいわゆる南国だし、それ以降は色々な国を巡りながらホテル暮らしを続けているが、もっとも長く過ごしているのは東南アジアなので、相変わらず赤道の近くに滞在している時間が長い。

さらに言うと、パングラオ島やセブ島のような南の島に、それぞれ一ヶ月以上滞在したりもしているので、南の島の良さもわかってきている。

南の島と呼ばれるようなビーチリゾートを転々とする生き方をすることも可能。

例えば、東南アジアであれば、バリやプーケット、ペナン等も含めて、ビザが許す範囲以内で滞在することもできるし、フィリピンとマレーシアについては、それぞれ永住権やリタイアメントビザを持っているので、好きなだけ住むことができて、特に期限は存在しない。

他にも、オーストラリアのケアンズから、グレートバリアリーフの入口であるグリーン島に行ったりもしたが、こういったところも季節によっては暖かいし、とても美しい海が広がっている。

これ以外であっても、ハワイやグアム、サイパン、ニューカレドニア、パラオ等の南の島を周ってもいいし、あるいは永住権を持っているフィリピンの南の島を巡ってもいい。

というよりも、そもそもフィリピンは全体的に南の方にあるわけなので、どの島も南の島という位置づけになる。

しかも、大陸に属している町がなく、フィリピンの場合、マニラが含まれるルソン島であっても島なので、国そのものが南の島の集まり。

フィリピンについては、わざわざ永住権を取るぐらいだし、投資も何件か行っている。

そういった意味でも、縁の深い国になっているし、マカティに住んだだけではなくて、その後もセブやパングラオ島への移住を継続的に考えている。

次の移住先として、最有力候補となっているのも、この二つの地域。

しかしながら、別に私の場合、南の島にこだわって移住をしようとか、そういったことは今のところ特に考えていない。

というのも、元々ビーチリゾートは観光客のためのものであって、住民にとっては必ずしも過ごしやすくはないと思っていたから。



南の島の見方が変わってきた

先日パングラオ島に行ってみて、南の島の考え方が若干変わってきている。

パングラオ島はとても素朴な島で、隣接しているボホール島に空港はあるものの、一部の観光客以外は元々の島の住人ぐらいしか見かけず、産業としても観光や農業ぐらいしかない。

どこか別の島から働きに出てくるような場所ではなく、当然ながらレストランもビーチリゾートを目当てにきた観光客向けのものがあるぐらいで、それ以外には食べるところもそれほどない。

こうなってくると、外国人として生活をしていくには、観光客向けの店を使うのが便利だし、パングラオ島のアロナビーチで沈んでいく夕日を見ながら、早めの夕食をとるのはなかなか楽しい生活だった。

しかも、丸々一ヶ月以上滞在しても飽きることがなく、とても気持ちが安らいだのを覚えている。

そういったことを考えると、ずっと南の島に住み続けることは考えていなくても、1年ぐらいの単位で住んでみるのは、なかなか面白い選択になるのではないかと考えているし、これは将来的な計画というよりは、早い場合、半年以内に実現するかもしれない。

何しろ、ビザの問題をすでにクリアしているわけなので、後は私の気持ちさえ固まれば、パングラオ島かもしくはセブ島に住むのは、いともたやすく実現できる生活。

ただ単に、コンドミニアムを借りる契約をするだけなので、数ヶ月後にはあっさりと、一時的な南の島での生活が始まるのかもしれない。


伝えるのが難しいこと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?


本当はすべてあなた自身が決めていいことなのに、
現実の世界ではそれが許されない。


このブログを通して伝えたかったのは、
自由に生きるための具体的な方法。


しかし、断片的に情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。


そこで無料で学べる場としてメール講座を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。






取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵

「旅をするように暮らしたい」

そんな思いで2011年に
下見なしで海外移住後、
フィリピンとマレーシアで
コンドミニアムを借りて住む。

その後、
今後の移住先候補の視察のため、
各国を周り住環境の研究をしながら
2年9ヶ月のホテル暮らし。

1年間の台湾生活を経て、
現在はタイでの暮らしを満喫中。

フィリピン永住権と
マレーシアのリタイアメントビザ、
タイランドエリートを取得済み。

8カ国に資産分散。

伊田武蔵の変人疑惑

伊田のこれまで

経歴

カテゴリー
サイト内検索
人気記事