電子書籍プレゼント

リスボンとポルトの後にどこに行くのか


ひとまず今のところ、リスボンを離れたら、ポルトというポルトガルの北部の町に行ってみようと思っている。

そこに直接行くのか、それともナザレやオビドス、トマール、ヴィゼウという他の町も経由して行くのかについては未定。

もしかしたら、いくつかの町を転々としながら行くかもしれないし、あるいは直で行く可能性もある。

本来であれば、小さな移動を繰り返して途中の町も楽しんで行こうと思っていたものの、ちょうどハイシーズンに重なってしまっているために、とにかくホテルが満室で空き部屋が少ない。

特に元々のホテル数が少ない町は、空き部屋を探すのが大変。

そうなってくると、結局観光地になっている首都クラスの大きな町や、それに準ずる町ぐらいしか周れなくなってしまうので、そこら辺は計画を考えなおしているところ。

それはそうとして、そろそろポルトの後に行く町も決めておきたい。

というのも、例えば航空券を予約しておくことを考えても、直前よりはある程度先に予約を入れておいた方が安くで移動できるし、どこからどこの町に直通の電車があるかとか、そういったことを考えておいた方がスムーズに動くことができて、わざわざ行ったり来たりする必要がなくなる。


交通の要所、コインブラ

調べてみると、どうやらコインブラを経由して、マドリッドに移動することができることがわかった。

コインブラはリスボン寄りの場所にあって、ポルトからはずっと南にあり、サンタ・クルース修道院やコインブラ大学で知られる。

ということは、本来であれば、コインブラという古くからの大学都市を通って、ポルトに行ってもいいわけだが、それをやってしまうと、コインブラに2度重複して行くことになる。

こういうことを考えてみると、やはりある程度旅の経路を最初から決定しておいた方が便利であると最近は思うようになった。

何しろ無計画で始まった旅なので、ルートがあいまいだったが、今のところ考えていることとしては、まずはマドリッドに行って、そこから飛行機に乗ってポーランドにでも飛ぼうかと思う。

ポーランドの中でもクラクフ行きの便があるのでそこまで飛んで、あとは電車でワルシャワに行ったり、あるいはチェコのプラハに移動したり、そしてドイツのデュッセルドルフであるとか、そこら辺の町を経由してフランクフルトまで行って、今回の旅のヨーロッパ編を終了しようかと思う。

ドイツからカナダにはフライトを予約してあるので、そこだけは日数を合わせて移動することになる。

本来であれば、ポルトガルからスペインに行って、フランス、ドイツと横断していき、日数があれば東欧のポーランドやチェコ、ルーマニアあたりまで行く計画でいた。

しかしながら、今回は夏で暑さがひどいので、あまり短期間で一つの町を観光するのも気が向かないし、もっとのんびりした旅をしようかと思っている。

ということで、ヨーロッパの色々な国に行くというよりは、5つか6つ、もしくは7つぐらいの国をゆっくりと巡る計画に移行しようと最近は思い始めている。

この辺は、ある程度まで予定を詰めておいて、最終的にはその場その場で判断していくことになるので、ひょっとしたら計画が大幅に変わっていく可能性もある。


伝えるのが難しいこと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?


本当はすべてあなた自身が決めていいことなのに、
現実の世界ではそれが許されない。


このブログを通して伝えたかったのは、
自由に生きるための具体的な方法。


しかし、断片的に情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。


そこで無料で学べる場としてメール講座を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。






取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵

「旅をするように暮らしたい」

そんな思いで2011年に
下見なしで海外移住後、
フィリピンとマレーシアで
コンドミニアムを借りて住む。

その後、
今後の移住先候補の視察のため、
各国を周り住環境の研究をしながら
2年9ヶ月のホテル暮らし。

1年間の台湾生活を経て、
現在はタイでの暮らしを満喫中。

フィリピン永住権と
マレーシアのリタイアメントビザ、
タイランドエリートを取得済み。

8カ国に資産分散。

伊田武蔵の変人疑惑

伊田のこれまで

経歴

カテゴリー
サイト内検索
人気記事