クレジットカードのステータスにこだわる人々


クレジットカードのステータスもまた、マウンティングの道具の1つになっている。

面倒な話ではあるが、ブランド物を身につけるのと同じように、どんなカードを使っているかで他人の上に立つ、優越感を得るということはレアな話ではない。


もうすぐ一度、日本に戻るということもあって、その機会にクレジットカードでも新しく作っておこうかと思っている。

というのも、もっとポイントがたまるものを使った方が、今後ホテル等に泊まった際に得になるため。

いま現在は楽天のクレジットカードを使っているので、購入した金額の1%が楽天のポイントでつくようになっている。

しかしながらこれは使い勝手が悪いし、マイルがたまるとか、もしくは現金でキャッシュバックが得られるようなクレジットカードで、有料のものでも良いので還元率が高いものを選んだ方が得ではないかということで色々と調べてみた。

いま現在としてはそういったカードの比較サイトというのもあるので、そういったものを見てみると色々な項目でお勧めのクレジットカードというのが出てくる。

その評価項目の一つに、ステータスというものがあった。

このステータスというのは無料のクレジットカードであるとか、あるいは有料であっても年会費が5000円未満とか、そういったものについても評価がされていて、意外なことに無料のものでも、ぼろくそに叩かれているようなものもある。

例えば楽天クレジットカードはまさにその典型で、楽天なのでそのステータスはゼロであるとか、そういった悪口が延々と書き綴られてあった。

普通に考えてみると無料のクレジットカードであるとか、もしくは年会費が安いものでステータスを得ようとする方が難しい気がするし、そもそも一般の人が何故ステータスを求めるのかもよく分からない。

ある程度、富裕層であれば確かにそういった見栄を張りたいとか、あるいは自分にふさわしいものを使いたいという欲求が起こってくるのも当然のこと。

人間には他者から認められたいという承認欲求もあるので、そういったことを考えればゴールドカードとかブラックカードとか、もしくはそこまでいかなくてもそれなりに見栄えのするブランドを使いたいというのは分かる。

しかしながら年会費無料とか、もしくは年会費が格安のカードを使いながらそれでいてステータスの高さを誇りたいというのは、非常に底の浅い見栄を張りたいという欲望に他ならないわけだし、そんなものは見る人が見れば一瞬で見抜かれて、却って恥ずかしい思いをすることになる。

普通に考えて、年収が人並みと変わらないのであれば、そこで見栄を張っても全く意味がないのではないかと思う。

むしろそこでお金に関するステータスを求めるくらいであれば、もっと他の部分で人間的な魅力を磨くとか、そういったことの方が長期的に見て周囲の賞賛を得やすいわけだし、底の浅い人間にならずに済むのではないかと思う。

持っているクレジットカードの種類によって信用を得られるとか、それによって他の人から認められるとか、そういった薄っぺらい関係をいくら作ったところで、そんなものは少しお金が無くなったらすぐに離れて行ってしまう人との人間関係が増えるだけ。

そういったことを追及することに何の意味があるのかは理解できない。


というよりも、海外で生活をしていると、下手にお金があることを見せびらかしても危険でしかない。

ゴールドカードを余計な場面で提示したりしたら、そこで目をつけられて犯罪に巻き込まれるリスクすらある。

特に新興国なら、なおさら。

結果として、私自身は保有しているアメリカンエクスプレスのゴールドカードは使わず、ステータスとしての価値がないただのVISAカードで決済をしている。

見栄よりも安全第一という考えで。

安全が保証されている場面でも、お金があることをアピールする意味は感じないし、それを見て近づいてくる人と関わりたいとも思っていない。

むしろ余計な人との関係が解消されるのであれば、ステータスとしての価値がないクレジットカードを使い続ける意味は十分ある。



本音を言うと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。

メールアドレス

よく読まれている記事

1位:パワハラ・リストラからの人生逆転

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:お茶会・食事会のお知らせ















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ