電子書籍プレゼント

ネットビジネスをしながら海外移住をするのは意外と簡単だった



いわゆるネットビジネスを行って収入を得られるようになってから海外移住をしたのだが、私が初めて日本を離れて暮らし始めたのは、20代の頃だった。

と言っても、30代目前だったので、感覚的には30代になってから海外に移住した印象が強い。

収入さえ得られるようにしておけば、他の国に住むのは意外に簡単なことで、私の場合は最初に選んだ国がマレーシアで、その次がフィリピンだったが、どちらも最初のうちはビザも持たずに渡航した。

というのも、マレーシアであれば、ノービザで90日まで滞在し、あとは1度出国して別の国からもう一度マレーシアに入国すればいいので、3ヶ月に一度旅行に出かけるだけで、当面は住めたから。

もっともこれは1年程度の期間に限定され、私も最終的にはMM2Hというリタイアメントビザを取得した。

その後はフィリピンに移ったが、こちらは特に何の準備をしなくても、入国した段階で、イミグレにて自動で観光ビザがスタンプとして押される。

この観光ビザの期限は入国管理局に行けば繰り返し延長することができ、最長期間では2年とされている。

フィリピンにいる間に永住権であるクオータビザの手続きをスタートしたが、どの業者が良いのかリサーチに時間をかけたこともあって、結局フィリピンに住んでいる間には取得が完了せず、一度手続きのためにマニラに戻ってくることになった。

ちなみに、マレーシア、フィリピンと住んでみて、その後はどの国も居住国としない状態で、各国をウロウロしながら、ホテル暮らしをしている。

ネットビジネスの場合、こういった暮らしをしていても、特に弊害があるわけでもなく、パソコンとWi-Fiさえ繋がれば何ら問題がないので、こういった暮らし方をするにはうってつけ。

特に30代だとリタイアには早いし、会社に所属していれば通勤圏内でしか暮らせないという制約を受けることになる。

ちなみに、一時セミリタイアをしてみたこともあるが、暇で暇で仕方がなく、全く楽しくなかった。

本を読んでもアウトプットするところがないし、どん詰まりな方向に追い込まれている気がしたので、結局仕事は本気で行って、それでいて自由を確保しておくのがベストという結論に至った。


海外在住であることのデメリットはあるのか?

インターネットビジネスを行う上で、日本居住者でないことが、マイナスに働くことがあるかというと、記憶をたどる限り特にない。

契約を行う場合であっても、日本に住所がないと困ることもないし、書類が届くことさえほとんどない。

投資もやっているので、そういった場合には、ホテル暮らしをしていると投資用の書類が受け取れなくて困るということはあった。

マレーシアやフィリピンでコンドミニアムを借りている時には、そういったこともなかったし、ましてネットビジネスであれば書類が届くことすら基本的にはないので、デメリットと言えるほどのこともない。

オフ会等に参加できないことは、弊害と言えないこともないのかもしれないが、私が日本居住者だった頃に参加したオフ会を思い返しても、大した結果が出ていない人が集まる場は基本的にレベルが低く、一応参加者はそれなりに真剣みがある場合もあるが、その場に行くことが本当の意味でプラスになっているかと言われると、かなり限られた会合以外は、ほぼ無駄だった。

特に稼げていない人の話を聞いても、噂話やネットで検索すれば出てくる程度の話が基本で、むしろダメな人をミラーニューロンがコピーするだけなので、そんな場には出ないで、黙々と作業をしている方がよほど有意義。

稼げていないということは、仕組みを構築出来ていないわけで、全体像すら見えていない人の話を聞いたところで、大した価値がないというのが、海外移住をする前に私が下した結論だった。

結局実力者と会わなければ有意義な情報交換なんて成り立たないし、その意味で言うと、海外に移住したから日本居住者だった頃に比べて不利になったわけではない。

ちなみに、ネットビジネスでも実力者は海外に在住していることもあれば、日本に住んでいても旅行に来たりすることもあり、そういった環境の中で会う時の方が人数も少なく、ゆっくり話し込むことができる。


場所にとらわれない安定性

収入を得る場所と住む場所が同一であれば、物価と賃金がおおむね比例して上昇したり下落するため、大きなメリットを得ることができない。

さらに言えば、自然災害等で住環境が悪くなっても、収入を途絶えさせないためには、簡単に今住んでいる場所から飛び出すことができないというリスクがある。

しかしながら、ネットビジネスのように場所にとらわれず、どこでも仕事ができる環境さえあれば、稼げなくなって生活苦に陥ることを気にして、住む場所を限定せずに済む。

これは自然災害の多い国に住む上では、大きなメリット。

日本の場合、地震等が非常に多い国なので、将来的に見れば、何か起きるかわからない。

一般的な地震対策と言うと、防災グッズを常備しておくことや、クローゼットやテーブル等の家具を耐震性の高い器具を使って固定して倒れてこないようにするとか、そういったところに目が行きがち。

しかし、いっそのこと別の国に住んでしまうという手もあるし、いきなり海外移住をしなくても、3.11のような状況になった時に、他の国に引っ越せる下地を作っておくのは、リスク管理の一つとなる。

また、意識的に物価の安い国に住んだり、ライフステージが進むにつれて環境を変えたりすることもできるようになる。

例えば子供ができたら教育環境の整った国に移住することもできるし、都会に疲れたら緑の多いところでのんびり暮らすこともできる。

住環境を選べるのはネットビジネスの大きな強みだし、海外移住まで視野に入れることができるので、その自由度は非常に高い。


伝えるのが難しいこと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?


本当はすべてあなた自身が決めていいことなのに、
現実の世界ではそれが許されない。


このブログを通して伝えたかったのは、
自由に生きるための具体的な方法。


しかし、断片的に情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。


そこで無料で学べる場としてメール講座を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。






取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵

「旅をするように暮らしたい」

そんな思いで2011年に
下見なしで海外移住後、
フィリピンとマレーシアで
コンドミニアムを借りて住む。

その後、
今後の移住先候補の視察のため、
各国を周り住環境の研究をしながら
2年9ヶ月のホテル暮らし。

1年間の台湾生活を経て、
現在はタイでの暮らしを満喫中。

フィリピン永住権と
マレーシアのリタイアメントビザ、
タイランドエリートを取得済み。

8カ国に資産分散。

伊田武蔵の変人疑惑

伊田のこれまで

経歴

カテゴリー
サイト内検索
人気記事