電子書籍プレゼント

ダークヘッジへの行き方



昔からダークヘッジという森の道に行ってみたいと思っていた。

その写真を見た時から興味をそそられていたが、数年前にその場所がアイルランドにあるダークヘッジという名前であることが判明した。

今回アイルランドに行けることになったので、ダークヘッジがどういった場所にあるのか、そして行き方としてはどういった選択肢があるのか調べてみた。

確認してみると、北アイルランドにあることがわかり、近くにはベルファーストという町がある。



どうやらダークヘッジ周辺に泊まることはできない模様で、ひとまずベルファーストまで移動して、そこから何かしらの交通手段を確保することにした。

残念ながらダークヘッジへの行き方は、なかなかわからなかったので、現地で情報を確認する形で。

ということで、ひとまずダブリンからベルファーストまでバスで移動し、ツーリストセンターで聞いてみた。

そこで聞いてみると、いくつかのツアーがあって、その中でダークヘッジに行くものが1つあるという。

というのも、海外ドラマ、ゲーム・オブ・スローンズのロケ地を巡るツアーの中でダークヘッジにも立ち寄るということだった。

私はゲーム・オブ・スローンズは見たことがなかったし、思い入れもなかったが、アイルランドを旅行していると頻繁に目にすることのある名前だった。

どうやらそれだけアイルランドが舞台になっているということと、世界的にもヒットしたものだと思われる。

ということで、ゲーム・オブ・スローンズのロケ地ツアーに申し込んでで、ダークヘッジへ行くことにした。

どうやらバスで行ったりすることはできないようだし、タクシーで行ったりするよりは、ツアーに行った方が安く済んで、なおかつ他の場所にも行くことができる。

ということで、ダークヘッジはツアーの中でも1日の最後に行く場所だったので、途中で北アイルランドの海沿いを走ったり、あるいは断崖絶壁や洞窟、ジャイアンツ・コーズウェイを眺めたり、そういったこともできて、かなり充実した1日を送ることができた。

北アイルランドの海はとても澄んでいて、比較的近くにあるリスボンの海と比べても、明らかに透明度が違う。

真夏であっても寒いので泳ぐのには適していないものの、眺めている分にはとても心が洗われるような海だった。

そして午後6時ぐらいになって、ようやくダークヘッジにたどり着くことができた。

思いのほか森が続いている区間は短く、しかも森だと思っていたら、実は周辺は畑になっていて、その畑の周りに変わった形の木が立ち並んでいるという陣形になっていた。

8月に行ったので、午後6時といっても陽が全く落ちておらず、完全に明るい状態。





この場所の怪しい雰囲気を堪能するためには、できれば冬の夕暮れ時の方がいいのではないかと思った。

ダークヘッジの行き方もわかったことだし、今後再びアイルランドを訪れることもありそうなので、機会があれば季節や時間帯を選んでもう一度行ってみたい。

夏の明るい時間帯よりは、ある程度肌寒くなってきた時期の暗がりの中で見る方が、きっと雰囲気のある場所のはずなので、ここは再訪したい場所の1つということで覚えておくことにした。


ダークヘッジにはついでに行きやすい条件が

ダークヘッジに行くならベルファーストを起点にすることになるが、この街は少し特殊な事情がある。

というのも、イングランド領の北アイルランドということになり、国としてはイングランドということになる。

つまりロンドンとかリヴァプールとか、ケンブリッジとか、そちら側の国。


ダブリンを首都とするアイルランドとは別の国扱いになる。

それを強く主張するかのように、ベルファースト中心部には多くのイングランド国旗が立てられている。


とは言え、ダブリンからのバスでの移動の際、途中でパスポートチェックがあるわけでもない。

通貨はいつの間にかユーロからポンドに変わるが、それ以外は特に大きな影響はない。


そして、ダブリンはライアンエアー(Ryanair)のお膝元。

ヨーロッパはLCCが発達しているエリアとして知られるが、その代表格がライアンエアー。

ダブリン発着の便が多いため、ヨーロッパの各地からダブリンに格安で飛び、そこからベルファーストにバスで移動。

あとはダークヘッジまでツアーを利用するか、レンタカーを借りて行くことができる。

北アイルランドで街からも離れているとなると、かなり辺境の地という印象があるが、旅費の観点で考えると行きやすい場所と言える。

ただし、ダブリンからベルファーストへの移動の日と、ダークヘッジを訪れる日は分けないと厳しいため、時間の制約が厳しい旅の場合には少々難易度が高い。


大切なことを

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。





取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ