電子書籍プレゼント

アイルランドの食事の量がわからない



基本的にヨーロッパにおいては、日本よりも食事が大量に出てくるイメージがある。

アメリカの方がより典型的にそういったイメージがあるが、ヨーロッパ人は日本人よりも平均的に体が大きいし、やはりオーストラリア等もそうだったように、食事の量は基本的に多い。

しかしながら、必ずしもそうとばかりは言えない側面もあって、フィッシュ&チップスは山盛りで出てきて、2人前から3人前ぐらいあるのではないかと思うことがしばしばであるのに対し、アイルランドのバーで食べるランチメニューを見てみると、日本人にとっても適量であったり、時には若干物足りないぐらいの印象を受けることがある。

標準的なアイルランド人にとっての適量がどのくらいなのか、彼らの認識がいまいち推し量れない。

例えば飲み物とサラダだけといったメニューもあるので、こういうものを見るとかなり足りないように感じる。

ダブリンのアイリッシュパブのランチメニューのセットであれば、肉と野菜とスープが出てきても、それぞれの量が少なくて意外にちょっと足りない感じを覚えたりすることもある。


ナチョスとタコスの差

ベルファーストで同じメキシコ料理店に行っても、ナチョスを頼んだ時には2人前程度の山盛りの状態で出てきて、具としては自分で選べるが、牛肉や鶏肉、あるいは豚肉、それからレタスやマンゴー、トマト、チーズ等を選んで作っていくことになる。

他にソースもいくつかあって、ピリ辛の中東系のソースもあれば、甘めのマンゴーソース等もあった。

このナチョスの体験から、相当な量が出てきてしまうことに戸惑いながら、翌日はタコスを頼んでみたら、こちらは半分ぐらいの量しかでてこなくて、肩すかしをくらったこともある。

そしてまた別の日に、同じくベルファーストのその店でナチョスを頼んでみたら、やはりこれは山盛りで出てくる。

ちなみにナチョスもタコスも金額は一緒で、作られている原材料もおそらくとうもろこしで同じだと思われれるので、なぜこのような差が生まれるのかよくわからない。

ただ単にアイルランドで働いている人がいい加減ということなのか、それともメキシコ料理にそういった文化があるのかは不明だが、過剰なぐらいに出てくると思っていたら、意外に適量が出てきた時の肩すかし感はなかなか味わう機会がないし、今回は驚かされた。

ベルファーストからダブリンに戻り、別のメキシコ料理店に入ってナチョスを頼んでみた時には、ベルファーストのタコスともナチョスともどちらにも似つかわしくない真ん中ぐらいの量が出てきた。

こうして考えてみると、アイルランドの人の食事の量が把握できない。

ダブリンの北部にあるレストランでは、かなり大きめのマッシュポテトが3つと、それからメインのメニューとしてアイリッシュシチューや牛肉と野菜のあんかけとか、そういったものが出てくるが、このマッシュポテト3つだけでも十分にお腹がいっぱいになる量。

しかしながら、メインの料理の量もかなり多い。

ということで、マッシュポテトを2つは必ず残すことになった。

しかしながら近くのテンプルバーのパブでランチメニューを頼んでみると、こちらはすべて食べても若干物足りなさを感じたりもしたので、ただ単にエリアによって違うということでもないようだし、どの辺が基準になっているか、いまいち理解できない。


伝えるのが難しいこと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?


本当はすべてあなた自身が決めていいことなのに、
現実の世界ではそれが許されない。


このブログを通して伝えたかったのは、
自由に生きるための具体的な方法。


しかし、断片的に情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。


そこで無料で学べる場としてメール講座を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。






取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵

「旅をするように暮らしたい」

そんな思いで2011年に
下見なしで海外移住後、
フィリピンとマレーシアで
コンドミニアムを借りて住む。

その後、
今後の移住先候補の視察のため、
各国を周り住環境の研究をしながら
2年9ヶ月のホテル暮らし。

1年間の台湾生活を経て、
現在はタイでの暮らしを満喫中。

フィリピン永住権と
マレーシアのリタイアメントビザ、
タイランドエリートを取得済み。

8カ国に資産分散。

伊田武蔵の変人疑惑

伊田のこれまで

経歴

カテゴリー
サイト内検索
人気記事