電子書籍プレゼント

ダブリンのホテルのダブルブッキングの話



夏の時期のダブリンのホテルは満室になっていることが多く、直前では予約が取りづらくて、気に入った宿があっても、そこに連泊することが難しい。

ある日は空き部屋が残っていても、他の日は予約がいっぱいということが多いので、ダブリン北部から中心部を行ったり来たりしながら過ごしていたのだが、ある日、Booking.comで予約しておいた部屋がオーバーブッキングということで、他のベッド&ブレックファーストに移ることになった。

これは市内中心部のバスターミナルの近くのB&Bの話で、実際に到着したら部屋が用意できないと言われ、とりあえずチェックインの時間である2時になったら戻ってくるようにと言われた。

そして戻ってきたら、何軒か隣りのベッド&ブレックファーストの部屋が取れたからということで、そちらに同じ料金を支払って泊まることになった。

アイルランド人の気質として、こうした出来事が平気なのかどうかは分からないが、なんだか適当な事務管理と感じざるを得ない。

もともと最初に予約していたところも、初めて予約を入れたので、そこがどんな部屋なのかわからず、グレードアップなのかダウンなのかは不明。

料金から考えれば、おそらく同じぐらいの質なのではないかと思う。

そして、朝食はどうなるのかと思ったら、移った先ではその話は聞いていないと言われてしまい、もともと予約していた方のB&Bに行ったら、朝食だけそちらで食べられるということで、向こうからの案内はなく、こちらから質問しなければわからないような状態だった。


フルアイリッシュブレックファーストの朝食

そんな状態ではあったものの、翌日そちらのB&Bに行って朝食を食べたら、いわゆるフルアイリッシュブレックファーストと呼ばれるもので、ハムやソーセージ、スパムのようなものなど、とにかく肉類がたっぷりで、朝からタンパク質を豊富に摂れる食事のメニューになっていた。

栄養のバランスとしては微妙な感じはするが、とにかくタンパク質を摂りたい場合には適していた。

結局、そこのB&Bも1泊しかできず、翌日はまた再び北部に戻ることになった。

移った先のB&Bも決して良い所ではなく、クイーンサイズのベッドはあるものの机がなく、そこで仕事をするには不便だった。

一応インターネットは繋がるものの、椅子がない環境はかなり厳しい。

結局、近くのバーで仕事をすることになっていたし、その点を考えると、もともと泊まっていた北部のB&Bの方が、かなり居心地はよかった。

加えて、移った先は共有スペースがあるものの、なぜかインターネットは繋がらず、その意味でも仕事がしづらい環境だった。

同じダブリンの中でも当たりはずれはあるので、はずれを引いてしまうと残念なことになる。

とはいえ、1泊だけに限定しておけば、そこまで被害が大きくなることはないし、やはり試してみてから連泊するかどうかを決めたいのが率直なところ。

ただし、ハイシーズンだとそれが満室のため難しくなってしまうので、真夏の時期ではなくて、少し季節を外してアイルランドを訪れる方がいいのではないかと、今回のオーバーブッキングの件でも改めて感じた。


伝えるのが難しいこと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?


本当はすべてあなた自身が決めていいことなのに、
現実の世界ではそれが許されない。


このブログを通して伝えたかったのは、
自由に生きるための具体的な方法。


しかし、断片的に情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。


そこで無料で学べる場としてメール講座を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。






取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵

「旅をするように暮らしたい」

そんな思いで2011年に
下見なしで海外移住後、
フィリピンとマレーシアで
コンドミニアムを借りて住む。

その後、
今後の移住先候補の視察のため、
各国を周り住環境の研究をしながら
2年9ヶ月のホテル暮らし。

1年間の台湾生活を経て、
現在はタイでの暮らしを満喫中。

フィリピン永住権と
マレーシアのリタイアメントビザ、
タイランドエリートを取得済み。

8カ国に資産分散。

伊田武蔵の変人疑惑

伊田のこれまで

経歴

カテゴリー
サイト内検索
人気記事