タニヤ通り近く、江戸屋(Edoya)【バンコク、サラデーン・シーロム駅付近】


江戸屋(Edoya)はタニヤ通りから
一本道を入ったCharn lssara Towerという
小規模なショッピングモールの中に入っている。



このモールに入る店に、
バンコクで働く友人の社長に連れて行ってもらったことがあり、
その店を再訪したくて訪れた。

と言っても、シーロム駅やサラデーン駅から来た場合、
タニヤ通りから右手に道を曲がる必要があり、
慣れないと若干わかりづらい場所。

途中、ココナッツオイルを購入してから、
この場所にやってきた。

ココナッツオイルは食用にも使えるが、
今回は身体に塗るために買ってみた。

これまでもアロマオイル等は試してみたが、
ココナッツオイルは初めてなので
体質に合うかどうかを試すため、
実験的に導入するために。


どこか見覚えのあるCharn lssara Towerの入り口に
偶然たどり着くまで半月近くかかった。

どの店だったか記憶がはっきりしないが、
最初に見かけたがんてつラーメンではないだろう。

あの時はチラシ寿司を食べた記憶がある。

「味里」や「水(Mizu)」という店もあったが、
どうも違う気がする。


そこで、もっとも可能性の高そうな江戸屋に入ってみることにした。

ランチ用のメニューが店の前に張り出されていて、
種類も豊富だった。



日曜以外は毎日やっているとのこと。

タニヤ通り周辺は夜の街のイメージもあるが、
一方ではオフィス街の側面も持つ。

先程の社長のオフィスもこのあたりらしいし、
土日のタニヤ通りやシーロム付近は明らかに人通りが減る。

そのため、ランチタイムは平日しか営業しない店も。

どうしても土日になると店選びの選択肢が減る中、
江戸屋は土曜日も店が開いている。


店内には、日本語の漫画も。



大使閣下の料理人の他にも、
色々と置いてあった。

海外ではテンションがあがる場面だが、
漫画を置いてあるレストランがバンコクには多すぎて、
徐々に感動が薄れてきた。

しかも自前のタブレットで本を読んでいるので、
結局店に置いてある漫画を手にとることがない。

にも関わらず、どうしても注目してしまう。


江戸屋の店内に入ると、
どうも記憶の中の店とは違うことに気付いた。




残念ながら、当てが外れたらしい。

別にこだわる理由もないので、
ここでランチを食べていくことにし、
ネギトロ丼セットを注文。

昔からネギトロは時々食べたくなる。

子供の頃から好きだった。




セットで蕎麦も付いてきた。




食後には紅茶またはコーヒーと水菓子も供される。




当初探していた店を発見することはかなわなかったが、
江戸屋でのランチは満足だった。

こちらはすでにバンコクで30年以上経営しているらしい。

20世紀から、そして昭和の時代から
バンコクでずっと生き残ってきたことになる。

なお、店内は改装を重ねているのか、
古びた感じは全くなく、清潔感があった。


Charn lssara Towerの中に目当ての店もありそうなので、
また別の店も当たってみようと思う。


【江戸屋】
住所:Charn lssara Tower, 942/51 Rama 4 Road, Suriyawong - Bang Rak, Bangkok 10500
営業時間:11時30分〜14時00分, 17時30分〜23時00分
電話番号:0817029829



秘密の話

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。

メールアドレス

よく読まれている記事

1位:パワハラ・リストラからの人生逆転

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:お茶会・食事会のお知らせ















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ