タニヤ通り近く、江戸屋(Edoya)【バンコク、サラデーン・シーロム駅付近】

江戸屋(Edoya)はタニヤ通りから
一本道を入ったCharn lssara Towerという
小規模なショッピングモールの中に入っている。



このモールに入る店に、
バンコクで働く友人の社長に連れて行ってもらったことがあり、
その店を再訪したくて訪れた。

と言っても、シーロム駅やサラデーン駅から来た場合、
タニヤ通りから右手に道を曲がる必要があり、
慣れないと若干わかりづらい場所。

途中、ココナッツオイルを購入してから、
この場所にやってきた。

ココナッツオイルは食用にも使えるが、
今回は身体に塗るために買ってみた。

これまでもアロマオイル等は試してみたが、
ココナッツオイルは初めてなので
体質に合うかどうかを試すため、
実験的に導入するために。


どこか見覚えのあるCharn lssara Towerの入り口に
偶然たどり着くまで半月近くかかった。

どの店だったか記憶がはっきりしないが、
最初に見かけたがんてつラーメンではないだろう。

あの時はチラシ寿司を食べた記憶がある。

「味里」や「水(Mizu)」という店もあったが、
どうも違う気がする。


そこで、もっとも可能性の高そうな江戸屋に入ってみることにした。

ランチ用のメニューが店の前に張り出されていて、
種類も豊富だった。



日曜以外は毎日やっているとのこと。

タニヤ通り周辺は夜の街のイメージもあるが、
一方ではオフィス街の側面も持つ。

先程の社長のオフィスもこのあたりらしいし、
土日のタニヤ通りやシーロム付近は明らかに人通りが減る。

そのため、ランチタイムは平日しか営業しない店も。

どうしても土日になると店選びの選択肢が減る中、
江戸屋は土曜日も店が開いている。


店内には、日本語の漫画も。



大使閣下の料理人の他にも、
色々と置いてあった。

海外ではテンションがあがる場面だが、
漫画を置いてあるレストランがバンコクには多すぎて、
徐々に感動が薄れてきた。

しかも自前のタブレットで本を読んでいるので、
結局店に置いてある漫画を手にとることがない。

にも関わらず、どうしても注目してしまう。


江戸屋の店内に入ると、
どうも記憶の中の店とは違うことに気付いた。




残念ながら、当てが外れたらしい。

別にこだわる理由もないので、
ここでランチを食べていくことにし、
ネギトロ丼セットを注文。

昔からネギトロは時々食べたくなる。

子供の頃から好きだった。




セットで蕎麦も付いてきた。




食後には紅茶またはコーヒーと水菓子も供される。




当初探していた店を発見することはかなわなかったが、
江戸屋でのランチは満足だった。

こちらはすでにバンコクで30年以上経営しているらしい。

20世紀から、そして昭和の時代から
バンコクでずっと生き残ってきたことになる。

なお、店内は改装を重ねているのか、
古びた感じは全くなく、清潔感があった。


Charn lssara Towerの中に目当ての店もありそうなので、
また別の店も当たってみようと思う。




■江戸屋の基本情報
住所:Charn lssara Tower (1F) – 942/51 Rama 4 Road, Suriyawong – Bang Rak, Bangkok 10500(BTS・Sala Daeng駅から徒歩6分、MRT・Si Lom駅から徒歩3分)
電話番号:+6622330232
営業時間:11時30分~14時、17時30分~23時。日曜のみ17時30分~23時


海外に移住するのは本当に難しいのか?


日本を出て海外に住むようになってから
「海外に移住したい」という話をよく聞くようになった。

同時に、

「英語が苦手で・・・」

「海外での部屋選びで失敗しないか不安」

「他の国での生活を想像できない」

「下見で何を確認したらいいか分からない」

「移住後の仕事やお金が問題」

等々の様々な不安や悩みも耳にする。

そこで、10年以上海外で暮らし、
4ヵ国に住んできた経験を凝縮した電子書籍、
『「いつか海外に住みたい」を手の届く現実にするための本』
を無料でプレゼント
することにした。

電子書籍の目次等も掲載しているので、
プレゼントページへどうぞ

電子書籍のプレゼントページへ



よく読まれている記事