電子書籍プレゼント

ハノイからバンコクへの移動で不思議なことが起きた



ハノイからバンコクへの移動の時には、空港までホテルの車をチャーターしてそこからはベトジェットで移動となった。

当初はマイリンタクシーかピナサンタクシーを捕まえようと思っていたが、ホテルのマネージャーが空港まで車を用意すると言ってくれて、料金も妥当なところだったので、依頼することにした。

ちなみに金額的には36万ドンだったので、日本円で約1,800円ぐらいとなる。

ハノイの場合、空港がホーチミンやダナンとは違い、街中から離れているので普通にタクシーに乗ってもこのくらいかかるし、ドライバーとのトラブルを避けるという意味では、十分なメリットがある。

なにしろベトナム、ハノイの治安は良いとはいえず、タクシートラブルも色々と耳に挟むので。


あまりにもグダグダだったホーチミンのタンソンニャット国際空港でのベトジェットの対応があったので心配だったが、ハノイにおいては特にそういったことはなく、すぐにチェックインを済ませ、チケットをもらうことができた。


この日は約2時間のフライトということで、ベトナムからラオスを飛び越えてタイまで移動する割には随分と時間が短く、国内線のような感覚ではあったが、久しぶりにスワンナプーム国際空港を使うこともあり、少しばかり新鮮な気持ちだった。


イミグレーションカードが配られない

そして不可解だったのは、搭乗中いつまでたってもタイのイミグレーションカードが配られないこと。

離陸直後に、うとうとしていた時間帯があるので、ひょっとしたらもらい損ねていた可能性もある。

その場合であっても、シートの前のポケットというか、網状になっている部分にイミグレーションカードが入っていそうなものだが、それもない。

万が一の可能性として、タイ人と思われたということも想定されるので、着陸の時間が迫ってきた頃にイミグレーションカードが欲しいと言ったら、無いと言われた。


理由についてはよく聞き取れなかったのだが、これがスワンナプーム国際空港の規格の変更なのか、ただ単にベトジェットが常にこのような対応なのか、あるいはイミグレーションカードの持ち込みを忘れた等の何らかの特殊な事情があったのかは不明。


少なくとも、ドンムアン国際空港においてはこのようなことはなく、機内で事前にイミグレーションカードを配られるのが、ジェットスターやエアアジアを使っている時の通例だった。

仕方がないので、スワンナプーム国際空港に到着してからイミグレーションのところでカードを貰い、並びながら書くことになったが、妙に列の進み方が素早く、なかなか落ち着いて書けないし非効率も良いところだった。


しかしながら運が良かったのは、入国審査のところがすごく空いていて、カードを書いたら3分ぐらいで通過できた事。

スワンナプーム国際空港の場合、離着陸の本数が多くキャパをオーバーしているぐらいなので、入国審査で1時間ぐらい待たされたという例も聞く。

しかしながら、私はラッキーなことにこの空港で今まで15分以上待たされたことがなく、今回もほとんどスルーに近い状態だった。

こうして、なぜか飛行機の機内でイミグレーションカードをもらえないという不思議なことはあったものの、総合的に考えればスムーズに移動は完了した。


エアポートリンクで市内へ

空港からはエアポートリンクを使って、マッカサンまで移動し、今回は一泊だけだったのでその近くのホテルを取った。

エアポートリンクの料金を見ると、バンコクの物価の安さを改めて実感する。

ホテルの看板が非常に紛らわしく結果的にあらぬ方向に誘導されてしまって、せっかく空港を素早く通り抜けることができたのに、チェックインまでには随分と時間がかかってしまった。

体調がイマイチ優れない中、バンコクの炎天下の中を歩くのはあまり気が進まなかったが、結局15分以上無駄足を踏んでいたことになる。

この点は残念なところだった。

その後は久しぶりのガイ・ヤーン(鶏肉)とカオニャオマムアン(マンゴーともち米)で、タイのエキゾチックな雰囲気を味覚から感じた。


本当のところを明かすと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。





取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ