電子書籍プレゼント


『「いつか海外に住みたい」を
手の届く現実にするための本』を
無料で応募者全員にプレゼント中
(応募後1分以内に電子書籍をお届け)
>>こちらをクリックして応募をどうぞ

カナダのハリファックスの税関とイミグレで止められる



カナダは比較的入国審査が厳しい国と言われている。

今回私はカナダに初めて入ったので、頻繁に訪れている場所でもないし、不自然な渡航歴もないため、そこまで厳しくはないだろうと高をくくっていた。

あまりにも頻繁に訪れていると、就労してるのではないかとか、秘密裡に商品の持ち込みをしているのではないかとか、色々な疑いをかけられるが、初めてであればすんなりいくことが多い。

今回はドイツのフランクフルトからカナダのハリファックスという町に飛んだが、飛行機を降りた直後から問題が起きた。

というのも、飛行機を降りて空港に行くまでの狭いコンコースの中で係員に止められ、何の権限があるかよくわからないスタッフに色々と尋問をされて、パスポートを提出させられたり、どの町に何日ぐらい滞在するのかを聞かれたりして、結局飛行機の乗客の中で一番最後にイミグレに行くことになってしまった。

実際には、イミグレに並ぶ前にトイレに行っている人もいたので、最後尾ではなかったものの、そのコースを抜けたのは一番最後だった。

そして、イミグレでは10分以上話を聞かれて、なぜか2年以上前に行ったマカオのスタンプを見て、この時はどこのホテルに泊まったのかとか、一見すると関係ないとしか思えないようなことも聞かれた。

カナダの治安を守るためにこちらに揺さぶりをかけてくるためなのか、あるいはただ単イミグレの担当官がマカオに行ったことがあって、興味本位で聞いたのか、そういったことはわからない。

妙にマカオにだけ興味を示したので、単なる個人的な趣味で聞いてきている可能性も十分にある。

こういったことは日本では考えられないが、海外においては意外に許容されていたりするので、なんとも言えないところ。

そしてどうにかこうにかイミグレを抜けたと思ったら、今度は税関でも長々と止められて、結局こちらも15分近くかかって、荷物を全て開封することになった。

スーツケースは鍵をかけていたが、まずはそれを開錠するように求められ、中身を1つ1つ改められた上、書類関係も全てチェックされた。

基本的には全て英語の書類になるので、それについての説明を行って、さらに手提げのかばんの中身も見せて、手持ちの現金がいくらあるかとか、そういったことも全て検査された。

結果的に何も問題がなく、通ることはできたものの、6時に飛行機の便が到着したが、空港を出る頃にはすでに7時になっていた。



空港を出てホテルへ

空港からハリファックスのPrince George Hotelまで移動するためにバスに乗らなければならない。

しかし、空港の表示を見ると、メトロという表記があったので、もしかすると地下鉄が走っているのかもしれないと思い、そちらに歩いていったら、どうやらメトロというのはバス会社の名前だったようで、結局はバスしか出ていなかった。

しかも、霧なのか霧雨なのかよくわからないぐらいの雨が降っていて、あまり快適に移動できるような感じではない。

結局、ブリッジターミナルというところまで空港からバスで移動し、そこで乗り換えて別のバスで移動することになったが、30分に1本しかバスが来ないうえ、ホテルの看板を見逃したら、結局道がわからなくなってしまうという状況だったので、かなり緊張した移動だった。

結果的にはホテルを見落とすことなく見つけられたので、次のバス停で降りて、スムーズに移動することができたものの、なんだかんだでPrince George Hotelにチェックインしたのは8時半。

5時間の時差があったので、ドイツの時間で言うと、夜中の1時半にようやく到着した。

ヨーロッパから北米への移動は、なんだか無駄にハードだった。


海外に移住するのは本当に難しいのか?

日本を出て海外に住むようになってから
「海外に移住したい」という話をよく聞くようになった。

同時に、

「英語が苦手で・・・」

「海外での部屋選びで失敗しないか不安」

「他の国での生活を想像できない」

「下見で何を確認したらいいか分からない」

「移住後の仕事やお金が問題」

等々の様々な不安や悩みも耳にする。

そこで、10年以上海外で暮らし、
4ヵ国に住んできた経験を凝縮した電子書籍、
『「いつか海外に住みたい」を手の届く現実にするための本』
を無料でプレゼント
することにした。

電子書籍の目次等も掲載しているので、
プレゼントページへどうぞ




よく読まれている記事