香港でホテルのカードキーを紛失。弁償しようとしたら・・・


香港の尖沙咀と佐敦駅の間ぐらいにあるベストウェスタンホテルに宿泊をしていたが、シャンハイ料理の店で夜景を見ながら食事をした後に、ホテルのすぐ近くまで来て違和感を感じた。

ポケットに入れておいたはずのカードキーがどうも見当たらない。

紛失の予感を疑いつつかばんの中もがさごそ漁ってみたが、どうもそれらしいものがない。

こんなときに限ってかばんの中にいろんな物が入っていて、セブを出る前に空港で受け取ったトラブルタックスの領収書とか、空港使用税の領収書とか、出国税の書類とかそういった関係のない紙が次々に出てきて、どこかにまぎれているような雰囲気があったが、どうもかばんの中にはカードキーが存在しないという結論に至った。


考えられることは2つで、1つ目はどこかで落としたということ。この紛失の可能性が最有力だろう。

そしてもう1つは、そもそも部屋に置き忘れてきたということだったが、どうやら前者らしいという事でひとまず来た道を戻って探すことにした。

この日はセブから香港への移動もあったためそれなりに疲れていたし、ディナーの前にシャワーも浴びていたので、シャワーで軽く汗を流したらすぐに眠ろうかと思っていたのだが、どうやらそうもいかなくなってしまった。

ポケットから落ちたということになると、普通に立っていた時というよりは、座ったときである可能性が高いので、それらしい場所を一通り探してみたが見当たらない。

最後にディナーを食べたレストランからはだいぶ離れてしまっていたので、そこまで戻って直に聞いてみるか、ホテルから電話をかけるか迷ったが、このまま道を引き返したところで尖沙咀からの地下道を歩いている通行量を考えると無事にカードキーがそのまま落ちてるとも思えず、レストランの中に落としてきたのだとすれば電話でも事足りるので、一旦先にホテルに行くことにした。

フロントで事情を説明して、食事をした小南国というレストランに電話をしてみると、私の片言の英語力では多少意思疎通に不便があったものの、どうにか事情は理解してもらえたようだが結局見つからないと言う返答だった。



カードキーの発見をあきらめた

ここまできたらカードキーの発見は諦めて、弁償しようという事になったのだが、フロントでその旨を伝えると、すぐに新しいカードキーを用意してくれて、弁償分の支払いは今した方が良いか、チェックアウトの時の方が良いかと聞いたら、必要ないという事だった。

これまで私自身もホテルで鍵をなくした事がなかったので、他のホテルの対応がどうなのかは分からないが、一部のホテルにカードを紛失した場合のペナルティとしての費用は掲示されていたりする。

しかし、香港のベストウェスタンホテルではそういったものはないらしい。

その対応に感謝しながら17階の部屋に上がり、新しくもらったカードキーでドアを開けてみると、やはりカードの差込口にカードキーはなかった。

しかしシャワーを軽く浴びてベッドで寝ようかと思っていたら、それとはまったく別の場所にカードキーがそのまま残されていることに気づいた。

なぜかクローゼットに置いてある。

どうやら落としたのではなく、最初から部屋に置き忘れてきてしまったらしい。

これはさすがにかなりレアな凡ミスだった。

ホテルやレストランを巻き込んで、何をしているんだ・・・。


そんなわけで、翌日の朝に新しくもらったカードキーをホテルのフロントに返しに行ったが、すでにフロントのスタッフの人が変わっていて、いまいち状況が飲み込めないと言う様子でキョトンとされてしまったが、とりあえずは受け取ってはもらえた。

そしてチェックインの際にもらったカードキーで部屋に入ろうとしたら、そちらはすでにロックされていて、仮にそれを拾った第三者が扉を開けようとしてもそうはできないようになっていた。

このあたりは警備体制もしっかりしている模様だが、考えてみるとそのくらいのことは部屋を出た段階で気づきそうなものだし、古い方のカードキーを渡したらよかった。

結果、わざわざフロントまで往復する手間が増えることになってしまった。

少なくとも新旧二つのカードがあるのだから部屋を出た段階で両方とも部屋に差し込んでみて、問題なく開くかどうかという事をチェックするぐらいの気が利いても良かったような気はするし、何も考えずに新しいカードの方を返却してしまったのは失敗だった。

ということで、再びフロントまで戻り、最初のキーをもう一度アクティベートしてもらってから部屋に戻ることになった。




大切なことを

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。

メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ