マレーシアでの引越しにかかる初期費用




マレーシアに移住してきた後、一度引っ越しているので、2件のコンドミニアムに住んだことになる。今回は、その際にかかった初期費用についてまとめておきたい。

まず、マレーシアでは入居の際に家賃2ヶ月分のデポジットが発生する。このデポジットは敷金のような性質を持つもので、引越しの時に支払い、部屋の破損や家賃の滞納等がなければ、退去時に返還される。

このデポジットとは別に、ユーティリティ・デポジットというものを支払わなくてはならない。これは水道光熱費のためのデポジットで、金額は1000リンギット前後のことが多いようだ。こちらも退去の際に返してもらえる。

この他に、引越しの時には前払い家賃が1ヶ月分かかる。また、マレーシアでは印紙税(スタンプ税)がかかるので、これが150リンギットほど、あとは不動産業者への手数料がかかる。私の場合だと、業者の手数料が家賃の約半分に設定されていた。

マレーシアで引越しをする場合には、それぞれの部屋に家具は設置されているので、あまり大々的にならないのが一般的。そのため、日本のように�




本音を言うと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。

メールアドレス

よく読まれている記事

1位:パワハラ・リストラからの人生逆転

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:お茶会・食事会のお知らせ















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ