電子書籍プレゼント

ルアンパバーンのホテルが満足すぎる




ホテル予約サイトagodaで見つけたLe Sen Boutiqueホテル。

5,000円ほどだったのだが、
写真を見る限りではリゾート仕様で良さそうに見える。

気になったので、予約して見ることにした。

写真だけのホテルならあきらめればいいわけだし。



ルアンパバーンの空港からやって来てみると、
他のホテルと同じようにagodaの予約票を出そうとしたら
「ムサシ?」と名前を呼ばれた。

そのままソファに座るように促され、
ドリンクが出てきた。

チェックイン中に立っていなくていいホテルは
かなり珍しい。

そして、対応も丁寧。




そこから部屋に案内されたのだが、
予約の際に見た写真よりも現物は良かった。

完全にリゾート気分で過ごせるようになっている。

ホテルの内装もコンセプトがしっかりしていて、
ブレがない。












バスローブもこだわっている



このレベルで一貫したブログを作れば、
確実に成功すると思ってしまうレベルの秀逸さだった。

ブログにしろ飲食店にしろ、
コンセプトが定まっていない事業主は
見習う価値のある仕様になっている。



朝食の際にもさりげなく話しかけてくれて、
ルアンパバーン内の道を教えてくれたりする。

ルームクリーンのスタッフも含め、
誰もがにこやかな対応で心から滞在を楽しめた。



チェックアウトの際にも、
次のホテルまでの道順の確認のため、
(移動先がメコン川の向こうだったので)
連絡をしてくれたり、
最後まで至れり尽くせりのサービスだった。

ルアンパバーンには
多くのリゾートホテルがあるようだが、
次に来るときにもここに泊まるだろう。

ここからはクアンシーの滝を訪れたり、
寺社仏閣を眺めてみたり、
時間があればレンタサイクルを借りてのんびり散策を楽しむ予定。

毎日戻ってくるホテルの居心地が良いのは素晴らしい。

ラオスは治安が良い上、
こうした心遣いまで受けられるとは旅先として素晴らしい。


伝えるのが難しいこと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?


本当はすべてあなた自身が決めていいことなのに、
現実の世界ではそれが許されない。


このブログを通して伝えたかったのは、
自由に生きるための具体的な方法。


しかし、断片的に情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。


そこで無料で学べる場としてメール講座を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。






この記事に関連する記事一覧

取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵

「旅をするように暮らしたい」

そんな思いで2011年に
下見なしで海外移住後、
フィリピンとマレーシアで
コンドミニアムを借りて住む。

その後、
今後の移住先候補の視察のため、
各国を周り住環境の研究をしながら
2年9ヶ月のホテル暮らし。

1年間の台湾生活を経て、
現在はタイでの暮らしを満喫中。

フィリピン永住権と
マレーシアのリタイアメントビザ、
タイランドエリートを取得済み。

8カ国に資産分散。

伊田武蔵の変人疑惑

伊田のこれまで

経歴

カテゴリー
サイト内検索
人気記事