香港の入国審査の所要時間が50分。短縮のための対策も



今回は香港の入国審査の手続きや待ち時間について。

人が一生で行列に並んだり、
待ち時間として使う時間を足すと
3年になるとも5年になるとも言われる。

試算によってかなり差があるが、
予想以上に長いというのが率直な感想。

香港国際空港においては、
そうした試算が的外れではないかもしれないと思わされる。

というのも、時には入国審査に50分かかったこともあったので。

グネグネと曲がった列で人がゴッタ返す中で
1時間近くを過ごすのは愉快な体験とは言い難い。

途中からはiPadで本を読みながら待っていたが、
頻繁に列が動いていくので
荷物を動かすのに読書を中断せざるを得ない。

質の高い時間を過ごせたとは言いがたかった。


その解決策として有効なのが
自動化ゲートを通れるe道(e-Channel)の利用。

これならわざわざ長い列に並ばずに済む。

ただし、香港国際空港でe-Channelを利用するには条件がある。

まず、過去12ヶ月で3回以上香港国際空港から入国していること。

この回数には申請する当日は含まれない。

また、あくまで空港からの入国であるため、
陸路で中国の深センに出入りしているとか、
船でマカオと行き来した回数はカウントされない。

そうなってくると、
利用できる人がかなり限られてくる。


条件に当てはまる場合には、
e-Channelは空港内のカウンターで申請できる。

e-Channel公式ページ

ただし、Arrival North Hallだと10:00から18:00まで、
Arrival South Hallだと7:30から23:00までが営業時間。

それ以外の時間帯では受け付けてもらえない。

こうして申請が済むと、
次回からは自動化ゲートを通過できるため、
入国審査を省略できる。

また、マカオフェリーターミナル等でも自動化ゲートを使えるため、
香港国際空港以外でも便利。



では、そんなに頻繁に香港に行かない場合はどうするか?

その場合も、
航空会社の上級メンバーになっていれば対象となる。

この条件にも当てはまらない場合には、
中国の春節(旧正月)の時期を始め、
旅行者が増えるタイミングを外すぐらいしかないだろう。

運が良ければ、
香港国際空港でも10分ぐらいで入国審査が終わることもある。



入国手続は簡単

これまで、香港のイミグレで質問をされた記憶がない。

毎回パスポートや入出国カードを担当官に提出すると、
そのまま無言で手続きが完了する。

そのため、英語や中国語が話せなくても
特に不安になる必要はない。

よほど不審な動きをしたり、
あまりにも頻繁に入出国を繰り返したり、
過去にオーバーステイの履歴があるような場合を除けば
基本的には何も質問されないはず。



大切なことを

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。

メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ