電子書籍プレゼント

ロンドンからダブリンへの旅


ロンドンからダブリンに移動する場合、飛行機で行けば一時間半程度で着くようだが、今回はあえて鉄道とフェリーを乗り継いで行くことにした。

料金が安いわけでもなく、この方法であっても7000円から8000円程度は片道でするので、飛行機で行った方が安いかもしれない。

しかしながら、あえてこういった方法を取ったのは、鉄道の方が景色を楽しむことが出来るから。

さらに言うと、船の旅は上手くいけば旅をしている実感を得ることが出来る。

しかしながら、今回の旅は初めから暗雲が立ち込めていた。

まずはホテルの近くにあるアールズコート駅からユーストン駅まで移動をし、そこで不要になったオイスターカードを返却した。

そしてその後、時間に追われながらチケットを買いに行くと、船の席がないことを係員に言われた。

その後、係員が他のスタッフと話し合った末に無事発給してくれたのだが、最初に船の席がないと言っていたのが、何かの手違いだったのか何なのかは理由が分からない。

もうすでにダブリンのホテルはagodaで予約してしまっていたので、到着しなければホテル代が完全に無駄になってしまう。

当然ロンドンのホテルは予約していないので、改めて探しに行かなければならず、それも手間になるところだった。

そういったことが避けられたのは幸いだったものの、今度は鉄道に乗るための時間が分からず、ヴァージントレインの駅員に聞いてもあまり親切に教えてくれない。

結局、自由席であることがわかったのでそこで座っていたものの、そこは予約も可能だったようで、半分ほどいったところで、その予約をしていた人が現れて、結局席を立つこととになってしまった。

車両の連結部にしばらくいて、そこで大分人が下りた後で席を見つけることが出来たが、それまではずっと立ったままで乗っていなければならなかった。


船でアイルランドへ

ようやくフェリー乗り場までたどり到着すると、今度は20分ほど待たされてからフェリーに乗り込み、こちらでも席が見つからないという状況になった。

というのも、行列に並ぶのも嫌だったのでギリギリまでベンチに座って、列が途切れるのを待っていったため、ほぼ最後尾で乗り込んだのが不味かった。

豪華なラウンジのようなフェリーになっているものの、何しろ席がない。

わざわざ相席というのも嫌だったので、かなり粘り強く船内をくまなく探してみたものの、結局窓際ではない席に座ることになってしまった。

しかもかなり早い段階からうっすらと船酔いが始まり、気持ち悪くなる前兆があったので、パソコン等を開くことも出来ず手持ち無沙汰な数時間を過ごすことになった。

途中で船の甲板にも上がってみたものの風が強く、思いのほか寒くて長い時間そこにいることは出来なかった。

荷物を持っていたこともあって、船の中を気軽に移動することも出来ない。

一部のエリアではWi-Fiが使えるという話も聞いたが、結局そういったエリアも見つからず、一応Wi-Fiが候補として表示はされるものの、実際に使おうとすると全く繋がらない状況が続いていた。

こうしてロンドンからダブリンへの道はなかなかに険しく、快適で気軽なものとは到底言い難かった。

とは言え、途中でアイルランド人のおじさんと会話をすることができ、彼のサッカー話を聞けたのは思い出に残った。



伝えるのが難しいこと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?


本当はすべてあなた自身が決めていいことなのに、
現実の世界ではそれが許されない。


このブログを通して伝えたかったのは、
自由に生きるための具体的な方法。


しかし、断片的に情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。


そこで無料で学べる場としてメール講座を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。






取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵

「旅をするように暮らしたい」

そんな思いで2011年に
下見なしで海外移住後、
フィリピンとマレーシアで
コンドミニアムを借りて住む。

その後、
今後の移住先候補の視察のため、
各国を周り住環境の研究をしながら
2年9ヶ月のホテル暮らし。

1年間の台湾生活を経て、
現在はタイでの暮らしを満喫中。

フィリピン永住権と
マレーシアのリタイアメントビザ、
タイランドエリートを取得済み。

8カ国に資産分散。

伊田武蔵の変人疑惑

伊田のこれまで

経歴

カテゴリー
サイト内検索
人気記事