ニューヨークのボルトバスに2度驚かされた



ニューヨークからフィラデルフィアへの移動には、ボルトバスという会社を使って移動することにした。

費用は、16ドルだった。

2時間ほどの移動でこれだけしかかからないというのは、かなり驚きの金額。

日本円にして2千円もしないわけなので、本当にアメリカの移動費というのは、安いことになる。

カナダであっても、同様の距離を移動するのに6千円、7千円がかかるのが一般的な鉄道の料金。

そう考えてみても、このボルトバスやメガバスというのは、本当に安い。

安さが売りで成長してきた会社なのだから当然といえば当然だが、ニューヨークの物価とボルトバスの料金にはいびつささえ感じる。



徹底したコスト削減の結果・・・

今回、ニューヨークのマンハッタン島の西側まで地下鉄で移動して、そこから徒歩でボルトバスが来るバスターミナルに向かうことにした。

その前にはニューヨークを去る前の最後の時間を使ってウォール街を見て回ったりしていたので、午前中にちょっとした観光をしたりして、そこからWhole Foods Marketというスーパーのデリカテッセンで昼食を買って、泊まっていたArlo Hudson Squareに戻って早めのランチを済ませてからチェックアウトをして、バスターミナルに向かった。

あまり時間がなかったので速足で歩いていたが、この日はなぜか非常に暑かった。

2日前は凍てつくほど寒かったのに、どうやらこの日のニューヨークは最高気温が15度近くになっていたのではないかと思う。

今までと同じ格好で歩いていたら暑くて仕方がないという感じで、寒さに震えていたこの数日が嘘のようだった。

そして、このボルトバスのターミナルがどのようなものかと思っていたら、まさかの全く建物がなく、バス停が2つ、3つ並んでいるだけのものだった。




カナダではトロントやナイアガラで長距離バスを利用したが、必ずターミナルらしき建物が存在していた。

ニューヨークでも似たような環境を想定していたが、ボルトバスのバス停は想像の斜め上を行っていた。

たしかにコストを削減することを考えれば、無駄にバスターミナルを構えること自体が無駄ということになるのだろう。

初めての利用者には少々難易度が上がるが、現に発見することはできているわけなので、ボルトバスの料金体系を考えれば合理的な選択なのかもしれない。



ただし、直射日光にさらされていることになるので、ただでさえ暑いのがますます苦痛になる。

着てくる服のチョイスを間違えた。

仕方がないので、停まっているバスの日陰に隠れたりしていたが、当然ながらそのバスも動いていくし、フィラデルフィア行きのバス停に停まったバスの車掌に聞いてみたら、次のバスだと言われて、いまいちどのバスに乗ればいいのかもわからないし、当然ながらトイレもないし、かなり驚きの連続だった。

これまでにもナイアガラからアメリカのバッファロー空港までメガバスを使って移動したりしたが、こういった時にも必ずバスターミナルには専用の建物があったし、そこにはトイレや時刻表が完備されていた。

しかしながら、このニューヨークの場合にはそういったものが一切なく、本当に近距離のバス停と同じようなものしかなかったので、これはかなりのカルチャーショック。

むしろ近距離のバス停であったも、ちょっとしたベンチぐらいは置かれていることが多いと思うが、そういったものすらなく、ただ単にポールが1本立っているだけという状況だったので、ある意味で言うと極限までコストを削減した結果の集大成なのだろう。

なにしろ2時間のバスの移動で16ドルの料金なので、いかにシンプルにミニマムにサービスを凝縮するかということが課題になっているのは当然のこと。

そう考えると、仕方がない部分ではある。

そして今回は、ボルトバスの最前列の席に乗ることができたので、ニューヨークからフィラデルフィアに行くまでの紅葉とか、風景を楽しむことができた。




昼食後ということもあって途中でしばらく居眠りをしたりもしつつ、フィラデルフィアの34番通り駅の近くにあるターミナルに無事到着することができた。

時間は予定よりも10分ほど繰り上げて、早めの到着となった。

今回の北米横断の旅の中では、まだフィラデルフィアからワシントンDCへの道中に陸路を使う予定なので、その時はまたメガバスかボルトバスを使うかもしれない。

ただ、出発の時に雨が降ったりしたら雨ざらしの中で待つことになるため、その点は難点。

その後はワシントンからバンクーバーに飛び、マニラへのフライトで北米の旅に幕を下ろすことになる。



本音を言うと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。

メールアドレス

よく読まれている記事

1位:パワハラ・リストラからの人生逆転

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:お茶会・食事会のお知らせ















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ