電子書籍プレゼント

『「いつか海外に住みたい」を
手の届く現実にするための本』を
無料で応募者全員にプレゼント中
(応募後1分以内に電子書籍をお届け)
>>こちらをクリックして応募をどうぞ

香港での食事会の開催予定について


香港は世界的にも重要な金融都市なので、
定期的に訪れて情報を入れるようにしている。

今年最後に訪れるのは12月半ば。

この時には、
香港金融のプロ、玉利社長と合流し、
現地の最新情報について確認する予定。


12/17、
日本なら土曜は銀行が営業していないが、
金融都市・香港は話が別。

午前中は開いている。

この日も玉利社長は口座開設のサポートをし、
夜には当日に口座開設した人とディナーを共にするとのこと。

その食事会に合流させてもらうことにした。



私は台湾・高雄から駆けつけ、
香港滞在後はベトナム中部のダナン経由で
ホイアンに移動する予定でいる。

すでに航空券も確保した。

こうして2016年の振り返りを
香港で金融のプロと共に行うことができる手はずとなった。



私としても、
HSBC香港には毎月日本から送金し、
そこから各国に資産を分散するようにしている。

つまり、資金移動の要。

そして、国境・通貨を超えて資産を分散することで
資産の安全度を高めてきた。

場所の自由・お金の自由という面で、
香港は重要拠点となっている。


また、自分年金として長期積立もしているので、
この街の動向は投資家として気になるところ。

ただ街を訪れるだけではなく、
最前線で活躍している専門家から
話を聞けるのはとても心強い。



今年のうちにHSBC香港の口座を開設して
日本以外に資産を移したり、
安全のために通貨を分散させる環境を作っておきたいのなら、
この日に香港に来てみてはいかがだろう。

私としても世界4大自由倶楽部メンバーと
直接語り合える限られた機会なので、
今から楽しみにしている。

午前中に万全のサポートを受けてHSBCの口座を開設し、
午後は香港の街を楽しんでから、
夜に食事会で合流。

12/17はこんな流れが予定されている。


当日は香港在住の玉利社長が厳選したレストランで
投資や資産分散はもちろん、
色々な話に花を咲かせられればと。


以前にセブで会った人が、

「普段は投資のこととか同僚には言えずに
 隠れキリシタンのような気持ちで過ごしてますけど、
 こうやって普通に投資の話ができるとか最高ですね」

と語っていたが、
たしかにこの手の話題をオープンに語り合えるのは
レアな機会だったりする。



せっかくなので、
香港に来る前にオフショア長期積立についても
玉利社長から話を聞いておくと
今後の資産分散において役に立つはず。
(香港に来ないで長期積立のみ始めることも可能)

今年ももうすぐ終わりなので、
来年に向けて良い状態を作っておくためにも、
12/17(土曜日)の機会を活かしていただければと思う。

ということで、
まずは航空券の確保を。

12/16(金曜日)の夜に香港に到着、
12/18(日曜日)に日本に戻れば
日程的には十分。


なお、私は航空券を探す時には
skyscannerを使っている。

出発・到着の時刻や航空会社、
金額の一覧が出るのでご参考に。


航空券の予約と
口座開設ツアーへの参加申し込み。

今年最後の大仕事な上、
年末が近いために
手頃な価格の航空券がなくなりやすいので、
行動はお早めに。



PS.
私も玉利社長のサポートで
HSBC香港の口座開設がスムーズにできたうちの一人だが、
これまでの成功率について数ヶ月前に聞いてみた。

通算で1,000人以上のサポートをして、
成功率は99%以上。

事前に伝えた必要書類を持ってきた人に限って言えば、
より100%に近づくとのこと。


口座開設の難易度が高くなる傾向にあるからこそ、
香港渡航をムダに終わらせないために
確かな実績を持っているプロのサポートを受けておきたい。


伝えるのが難しいこと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?


本当はすべてあなた自身が決めていいことなのに、
現実の世界ではそれが許されない。


このブログを通して伝えたかったのは、
自由に生きるための具体的な方法。


しかし、断片的に情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。


そこで無料で学べる場としてメール講座を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。



※登録後もメール講座はいつでも簡単に解除可能
※メール講座で学べることの詳細はこちらをどうぞ




この記事に関連する記事一覧

取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵

「旅をするように暮らしたい」

そんな思いで2011年に
下見なしで海外移住後、
フィリピンとマレーシアで
コンドミニアムを借りて住む。

その後、
今後の移住先候補の視察のため、
各国を周り住環境の研究をしながら
2年9ヶ月のホテル暮らし。

1年間の台湾生活を経て、
現在はタイでの暮らしを満喫中。

フィリピン永住権と
マレーシアのリタイアメントビザ、
タイランドエリートを取得済み。

8カ国に資産分散。

伊田武蔵の変人疑惑

伊田のこれまで

経歴

カテゴリー
サイト内検索
人気記事
電子書籍プレゼント

『「いつか海外に住みたい」を
手の届く現実にするための本』を
無料で応募者全員にプレゼント中

>>こちらをクリックしてプレゼントを受け取れます