電子書籍プレゼント

ホアヒンのバンコクホスピタルに行ってきた



一昨日に友人とホアヒンに急遽やってきたが、そこで友人の頭部の疾患が悪化してきたということで、3つの選択肢の中から対策を選ぶことになった。

まず一つ目は、ホアヒンで病院に行くということ。

ホテルのスタッフに聞いてみると、この辺りではバンコクホスピタルが一番大きいというので、もしも行くのであれば、そちらに向かうことになる。

二つ目の選択肢としては、バンコクに戻ってから病院に行くということ。

先日私も行ってきたサミティベート病院であれば、日本語の通訳も付けることもできるし、タイの医療レベルが高いとはいえ、やはり地方よりは首都の方が安心できるので、これはこれで有力な選択肢。

そして三つめは、タイから日本に戻ってから、友人が一人で病院に行くこと。

バンコクに戻るのは、日本に帰国する前日の予定だったので日程はそれほど先ではなく、これはこれで十分に有りだということになる。

この友人はタイに来たのも初めてだったし、当然ながらこちらの医療レベルにも若干不安を抱いているようだったので、わざわざバンコクで1日だけ早く診療をしてもらうために病院に行かなくても、日本に戻ってからでもいいのではないかという気がした。

しかしながら、日本帰国まではあと一週間弱あったので、どうせだったらホアヒンで病院に行った方がいいのではないかということになり、昼食をとってからホテルに車を手配してもらい、行ってみることにした。


バンコク病院へ

私もバンコクではサミティベート病院とバムルンラード病院でお世話になって、十分に信頼できる医療機関であると認識していたが、何しろホアヒンは初めて来た町で、どのくらいの規模かもわからないし、この町にある病院の信頼度は全く検討が付かなかった。

そのため、あまり信用できないようであれば、途中で診療を打ち切って治療費だけ払って、再びバンコクで病院に行くように勧めることも考えてはいた。

しかしながら、Dusit Thaniホテルから10分ほどの位置にあるバンコクホスピタルに着くと、とても近代的な病院で、どうやら大丈夫そうだという印象を受けた。

受付のやりとりもしっかりとしているし、診察室に通されても、日本と比べて見劣りがする感じはしない。

どこかボンボンというか、親も医者なんだろうという雰囲気を漂わせる医師に、友人が頭部の疾患の状態を説明していると、彼がおもむろに日本語の通訳が必要かと聞いてきた。

一応私も帯同していたが、ちゃんとした日本語の通訳がいるのであれば、そちらに任せた方がいいのは当たり前。

ということで、それをお願いしたところ、直接病院に在中しているわけではなくて、電話での翻訳ということだった。

電話をスピーカーにしてやりとりを行っていたが、しっかりと日本語とタイ語を通訳してくれるので、全く問題なく、不安を感じさせないやりとりとなった。

その後、受付で薬をもらい、友人も食事の度に服用していたが、抗生物質がちゃんと効いたのか、みるみるうちに症状がよくなったという話だった。

これで悪化でもしたらシャレにならないので、私としてもほっとした。

やはりタイはかなり医療のレベルが高く、それは首都バンコクばかりではなく、ホアヒンについても言えるようだと、この一件で確認することができた。


■バンコクホスピタル基本情報
住所:888 Petchkasem Rd, Hua Hin, Hua Hin District, Prachuap Khiri Khan 77110
電話番号:+6632616800
HP:https://www.bangkokhospitalhuahin.com/en


伝えるのが難しいこと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?


本当はすべてあなた自身が決めていいことなのに、
現実の世界ではそれが許されない。


このブログを通して伝えたかったのは、
自由に生きるための具体的な方法。


しかし、断片的に情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。


そこで無料で学べる場としてメール講座を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。






取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵

「旅をするように暮らしたい」

そんな思いで2011年に
下見なしで海外移住後、
フィリピンとマレーシアで
コンドミニアムを借りて住む。

その後、
今後の移住先候補の視察のため、
各国を周り住環境の研究をしながら
2年9ヶ月のホテル暮らし。

1年間の台湾生活を経て、
現在はタイでの暮らしを満喫中。

フィリピン永住権と
マレーシアのリタイアメントビザ、
タイランドエリートを取得済み。

8カ国に資産分散。

伊田武蔵の変人疑惑

伊田のこれまで

経歴

カテゴリー
サイト内検索
人気記事