バンコクからホワヒンへの行き方、当日手配で十分




日本から来ていた友人と、バンコク・アソックのターミナル21のラオス料理のレストランで食事をとっている時に、ふと海を見に行きたいという話を切り出された。

そこからおもむろに友人がiPhoneでバンコク近郊のビーチリゾートを探し始め、パタヤやサメット島などの選択肢もいくつか見つかったが、その中でもホワヒンに興味を持っていた。

こちらはタイ王室御用達のリゾート地ということで、日本で言うと葉山のような場所に当たる。



パタヤのような歓楽街としてのルーツをビーチとは違い、比較的閑静でややハイソな雰囲気の場所。

バンコクからは車でだいたい3時間程度で行くことができる。

パタヤやサメット島の方が有名ではあるものの、もっと落ち着いたところに行きたいということだったので、急遽ホワヒン行きが決まった。

その友人は、もともとバンコクでホテルの予約をせずに来ていたので、1泊だけ飛び込みで宿泊して、すでにチェックアウトをした状態で食事に来ていた。

一方で私はバンコクを発つまでの間のホテルを全て予約をしていたので、当然ランチをしにきただけで荷物も持っていない。

そして、その場で唐突にホワヒン行きが決まったので、そこからサイアム駅までBTSで移動して、私の宿泊していたホテルに行き、荷物を全てまとめてチェックアウトをした。

ホワヒンに何泊するかわからなかったので、もしかしたら戻ってくるかもしれないが、大丈夫かということを確認したが、ホテルのレセプションで英語があまり通じず、デポジットを戻したら部屋があるかどうかは約束できないと言う。

しかしながらホテル代は予約時に払っているわけだし、返金がされるわけでもないので、部屋がないのはおかしいのではないかと問い返すと押し問答のような形になり、結局同じ部屋は約束できないが、何かしらの部屋は用意するという、よくわからない着地点で終わった。

そもそも荷物は全て持ち出していると、すでに相手に伝えているし、部屋はどこでもいいと言っていたので、なぜこのようなやりとりが必要になったのかよくわからないが、それが相手の英語力の問題なのか、ただ単にレセプションの担当者がいい加減だったのかはいまだに不明。

ホテルのチェックアウトを終えてから、タクシーを拾ってバンコク発ホワヒン行きの手配をすることになった。

と言っても、別に特別なことをするわけではなくて、急遽決まったので、流しのタクシーを拾って、個別に交渉することになる。

サイアム駅のところにあるスクンビット通りでタクシーを拾ったところ、最初のタクシーには拒否されたが、その隣のタクシーの運転手が大丈夫だということなので、2500バーツで行ってもらうことになった。

そこから約3時間、バンコクを抜けてからは、平均しておそらく時速90kmぐらいのスピードで走って、ホワヒンのホテルに到着した。

と言っても、スムーズに見つかったわけではなくて、先程のランチの時に予約していたホテルを探すのにかなり手間取って、辺りをぐるぐると回り、最終的に友人がiPhoneのGoogleマップで調べて、ようやく道がわかった。

こんな時には、Wi-Fiルーターがあるのは、とても役に立つということを改めて実感した。

そして、ホワヒンからバンコクに戻る時には列車を使おうかという案もあったが、適当な時間に走っている便がないのと、5時間以上かかるようなので、こちらは断念して、再び車をチャーターして移動することにした。

今回もタクシーを使う予定だったが、ホテル間の移動に際して使った車の運転手に交渉したら、2500バーツでいいというので、前払いで500バーツを払っておき、当日に2000バーツを払うという形で決着した。

帰りの所要時間は約4時間。

行きよりはだいぶ時間がかかったが、これは渋滞の程度が違ったから。

なぜかタイ人のタクシードライバーは、あまりガソリンを満タンにしないようで、途中でガソリンスタンドにも寄るし、そういった形で休憩もはさめるので、4時間車の中に閉じ込められているというわけではなくて、適宜休憩ははさんでいた。


ホワヒンでの過ごし方


ホワヒンには多数のリゾートホテルがあり、
多くは目の前にビーチを持っている。

そのため、基本的にはホテル内でのんびりくつろぐのが
ホワヒンでの快適な過ごし方。



ビーチ沿いでマッサージを受けられる場所もあるので、
波の音を聞きながらオイルマッサージをしてもらったり、
リラックスした時間を過ごせた。

他にも、砂浜でバイクや馬に乗って疾走する
アトラクションも見かけたが、
今回はそういうテンションでもなかったので見送った。

はしゃいで遊ぶならパタヤでいいし、
ホワヒンはもう少し大人な過ごし方が似合う場所。


なお、ホテルの敷地から出て観光するなら、
単なる移動手段ではなく名物にもなっている
ホアヒン駅を訪れたり、
Cicada Marketに出向いてショッピングをしたり、
ナイトマーケットで夜を過ごすことも可能。


ホワヒンは時間がゆっくり流れているように感じたが、
さすがに4時間も片道でかかるのはなかなかハードだし、
悪くないリゾートではあったが、
おそらくもう今後行くことはないのではないかと思う。

一度楽しめれば十分という印象だった。

逆に言えば、
ここに高速鉄道が通ったりして、
2時間ぐらいで移動することができるようになれば、
また訪れる機会もあるかもしれない。



本音を言うと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。

メールアドレス




よく読まれている記事

1位:パワハラ・リストラからの人生逆転

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:お茶会・食事会のお知らせ













本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ