電子書籍プレゼント

イギリスに移住してからの保険はこうしている



※以下はイギリス移住者の加藤さんからの投稿

イギリスに移住してからの保険についてのお話ですけれども、私はユースエクスチェンジスキームで一年のみでの滞在ということが決まっておりましたので、保険は一年間有効の長期海外旅行保険に入って行きました。

費用はだいたいどちらの会社も同じくらいで、一年間ですと10万円くらいからありましたね。

若干高いのですけれども、やはり住み慣れていないところでは何があるかわかりませんし、ちょっとした病気、怪我で病院にかかったとしても保険が適応されないと、とんでもない額を請求されることがあると情報として聞いていました。

そのため、保険だけはどれだけ健康や体力に自信があっても入っていたほうが良いと判断しました。

やはりいつでも病院にかかれるという安心感は、イギリスでの生活を楽しむうえで大きなものだったと思います。

現地でも必要に応じてカード会社とか、保険会社が提供している長期滞在用の保険に外国から行っても入ることが出来るという情報は、現地に渡ってから聞くことが出来ました。

ただ、現地での生活をまだ想像すら出来ない自分にとっては日本国内で、まず一年間は長期の海外旅行保険に入っていたほうが良いだろうと思いまして、日本で加入して行くことになりました。


イギリスの病院事情

イギリスは割と住んでいる日本人の方が多いので、現地にも日本人の方が経営している病院が幾つかあります。

ちょっと英語に自信がないなと思われる方は、まずそちらの日本人の方の病院に行って、医師の判断を仰ぐと安心ですね。

それからNHSという日本で言いますと総合病院のようなところなんですけれども、日本は割と総合病院、大学病院に行って、初診からそちらにかかることが出来るんですけれども、イギリスでは町医者のようなところに最初はかかります。

そこで治せないと判断した場合には、NHSなどに紹介状を書いていただきまして、それで初めて大きな病院にかかることが出来るシステムのようでした。

保険に入っていましたら、病院にキャッシュレスでかかることが出来るっていうメリットもありました。


イギリスに移住して日本人が仕事をしていく上での現実

イギリスに滞在している日本人の方の中でもいろんなタイプの働き方があります。

駐在員としてイギリスに行ってらっしゃる方、それから現地の方と結婚されたり現地で起業して当地のパーマネントビザ、永住権を取得して働いていらっしゃる方、それから私のようにワーキングホリデービザを取得して行く人、それから学生さんですね。

ワーキングホリデービザは滞在期間中の半分をフルタイムで働くことが出来るんですけれども、学生ビザはフルタイムでは働くことは出来ず、パートタイムで働くことは出来ました。

ただ、やはり勤務時間に上限があるビザというのはなかなかオフィスワークだとかフルタイムが条件のところで雇って頂くことが難しくて、日本人向けの日本食レストランや日本食材店での求人に応募して働いてらっしゃる学生さんが多くいらっしゃいました。

逆にワーキングホリデービザですと、割と日本人コミュニティの中では仕事は見つかりやすかったですね。

日本人が運営しているイギリス在住者向けの情報サイトですとか、日本食材店などでは日本人に対する求人は集まりやすかったです。

ワーキングホリデーはやはり滞在期間中の半分をフルタイムで働けるということで、オフィスワークでの仕事をいただくことも出来ましたし、日本食レストランの募集も多かったですね。

あとですね、地方のユースホステルなどに旅行などで宿泊しますと、当地のイギリス人の方が経営してらっしゃる牧場や農場などでの作業を手伝うというよう求人を得られることもあります。

なるべくだったら日本人の中でではなく、イギリス人の中で働いてみたいと思われる方は、そういった地方のユースホステルなどで求人の情報を得るのも面白い方法だなと思いました。

やはりイギリスに移住して日本人が仕事をするというのはビザの関係がありますので、当地の方と結婚されたり、長くイギリスに住んでいて永住権をいただいたという方は、フルタイムのオフィスワークですとか、良いお仕事に就いてらっしゃる方が多かったですね。

ただ、現地の法人で働くとなるとハードルが高いようで、ネイティブと同等レベルの語学力がなければ、なかなか採用にはたどり着けないという印象を周りの方のお話から覚えました。


大切なことを

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。





取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ