電子書籍プレゼント

イギリス移住での不便なこと・困ったこと



※以下はイギリス在住の加藤さんからの投稿

イギリス移住にあたって不便だったことですけれども、これはおそらく海外に行かれた方は誰もが一度は苦労されると思うんですが、やはり言葉でしたね。

私は特に海外に住むっていうことは想像したこともないほど英語が嫌いで苦手でしたので、本当に言葉の面では苦労しました。

ですので、相当な努力もしました。

で、困ったことと言いますか、やはりイギリスでで現地の銀行口座がないのはとても不便でした。

始めのうちはしばらく当地の口座はなく、日本の口座だけでお金の出し入れをしていたんですけれども、やはり現地で生活をするにあたっては現地の口座がなければ信用されない場合もあるので、銀行の口座は何らかの形で必ず作っておかれることをお勧めします。

ただ銀行の口座が開設しにくいと聞きまして、確かに学生で行けば学生ビザを提出して「こういう状況で長期滞在しているので、銀行口座を作らせてください」って言う風に出来るらしいんですけれども、やはりワーキングホリデー、ユースエクスチェンジスキームで行きますと、働いてないと口座は開設できなかったですね。

ですので、実際に仕事を見つけて働き始めてから、職場から「銀行の口座を開設してください、こちらに給与を振り込みます」というレターを発行していただいて、そのレターを持って銀行に行くと、銀行の口座を開設してくれるというシステムでした。

ですので、銀行の口座を持っていないということは、なかなか不便だなと言う風に思いました。


それから働くにあたって労働保険のようなものに入るんですけれども、これは会社からアポイントメントを取りまして、それから「この人を雇いました」というレターを発行していただいて、それを持って日本で言うところのハローワークのようなところに申請しに行きました。

ロンドンはすごく移民が多い街なので、労働保険をもらうためにたくさんの方が押し寄せていて、ものすごく長時間待たされたり、それから不慣れな英語で面接をさせられたりと、色々と不安な思いもしたことがありました。

ただそういった不便な場面とか、困ったことをひとつひとつ乗り越えていくことで、自分自身英語力がどんどんついていきましたし、それからロンドンで生活していく上での度胸もついていきました。


もう一つイギリスで不便だなと常に感じていたのが、よくこれもガイドブックとかに載せられているんですけれども、行列待ちがどこに行っても長いんですね。

例えば服を買いに行っても試着の列が30分待ち、会計の列が30分待ち、スーパーに行ってもレジは常に大混雑という状況で、「並ぶのが好きなんだな」というよりは「どうしてもう少し要領よくしないんだろうか?」と疑問を感じるほど、そういった面ではとても不便な思いを日々しました。


イギリス移住のメリット

イギリス移住のメリットということですけれども、私にとっての最大のメリットはイギリスに来たからこそ好きなものを堪能できた、っていう部分ですね。

私はUKロックが好きだったり、スコッチウイスキーが好きだったりしたので、いろんなコンサートにも行きましたし、一か月かけてスコットランドの蒸留場を巡る旅も出来ましたし。

そういった日本に住んでいては絶対に出来なかったこと、イギリス移住で叶えられたことがあるのが、私にとって大きなメリットでした。

もちろん人それぞれになるかと思うんですけれども、やはりその国に移住しようと思う方は大なり小なり、その国でしかできない好きなものを持ってらっしゃると思うので、これを実現できるのはその人に取っての最大のメリットになるんだろうなと思いました。

それから一般的に言いますと、旅行ですね。

イギリス国内の交通費もそうなんですけれども、イギリスからヨーロッパ大陸の、例えばオーストリアとかフランスとかドイツとかスイスとか、そういった国に旅行に行きたいと思ったときに、イギリスって非常にローコストキャリアが充実していますので、例えば片道10ポンドで一時間ほどでヨーロッパ大陸の各都市に着くことが出来ます。

日本に住んでいて国内旅行をする時と変わらない値段と時間で移動することが出来て、これは本当にヨーロッパ旅行をしたい人にはとても大きなメリットなんだろうなと。


もう一つ、私がものすごくメリットとして感じたのは気候ですね。

日本でも最近、花粉症がつらいから沖縄に移住するなんて言う話もよく聞きますけれども、花粉症はまずイギリスにはもちろんありませんし、それから気候がすごく過ごしやすいんですね、一年を通して。

日本で言うところの6月から7月にかけての梅雨もありませんし、それから35度の気温が連日続くような猛暑もありませんし。

イギリスの夏っていうのはなかなか30度を超えることもありませんので、28度、27度まで上がったとしても空気がとてもカラッとしていて、ねっとり絡みつくような暑い空気がありませんので、夏でも本当に過ごしやすくて気持ちの良い国だなと感じました。

移住のメリットは人の受け方によってさまざまになるとは思うんですけれども、やはり旅行好き、それから夏の暑さが辛かったり、冬の寒さが辛かったりなんて言う人には、イギリスの気候も過ごしやすいですし、良いものだなと感じました。


伝えるのが難しいこと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、

現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、

自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは

限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、

詳しくは以下の案内をどうぞ。


取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵

「旅をするように暮らしたい」

そんな思いで2011年に
下見なしで海外移住後、
フィリピンとマレーシアで
コンドミニアムを借りて住む。

その後、
今後の移住先候補の視察のため、
各国を周り住環境の研究をしながら
2年9ヶ月のホテル暮らし。

1年間の台湾生活を経て、
現在はタイでの暮らしを満喫中。

フィリピン永住権と
マレーシアのリタイアメントビザ、
タイランドエリートを取得済み。

8カ国に資産分散。

伊田武蔵の変人疑惑

伊田のこれまで

経歴

カテゴリー
サイト内検索
人気記事