隠遁生活を30代のうちに海外で送ってみることにした


今年か来年辺りには、一度隠遁生活を送ってみようと最近は考えている。

と言っても、仕事を完全にリタイアしたとか、このまま老後を世捨て人のように暮らそうといったわけではなくて、一度はそういった暮らしを送ってみて、経験の幅を広げてみようかという程度の考え。

具体的な期間ということで考えると、1年程度が妥当ではないかと思う。

というのも、私が隠遁生活を送る場としては海外であることが前提になるので、大抵の場合はコンドミニアムの賃貸契約の期間が、1年ということになる。

具体的な場所としては、フィリピンのセブか、台湾の台中辺りを想定している。

ここら辺のエリアの商慣習としては、やはり1年が通常の賃貸契約期間で、それよりも短いということになると、家賃が割り増しになることが多い。

これまでも、海外生活を送ってはきたが、だんだん友人が増えていったりとか、あるいは日本から遊びに来る人がいたりとか、そういった形であまり隠遁という雰囲気ではなかったが、ちょっとした山奥とまではいかないにしても、自然が多い場所で家を持ち、そこでのんびりと仕事をしながら暮らすのも、いいのではないかという風に思う。

私の場合は、ネットさえ繋がれば仕事は可能なので、隠遁生活をするといっても、世間とのかかわりを完全に断ち切るわけではなくて、仕事だけは続けることになる。

それでも、人と会う機会を減らしてみたりとか、そういった試みをしてみるのも、それはそれで面白いように思う。

イメージとしては、山奥の竹林の奥に住まいを構え、日々筆を取っては紙に書き付け、残りの時間は書を読んで過ごすような画が浮かぶが、実際にはパソコンを使って仕事をして、iPadで本を読むことになるだろう。

あとは瞑想やヨガの行を行いながら、のんびりと心を落ち着けた日々を送り、何かと移り変わりの激しい時代を明鏡止水の心で送ってみる。

そんな時間があってもいいのではないかと。

その隠遁生活の期間は、どこかに旅行に行くこともなく、ただただ自宅とその周辺で生活を完結させ、自己との対話であるとか、あるいは成長の為の学習とか、そういったことに集中をするというのも、今の生活とのギャップがあって、面白い体験になりそう。



世界各国を周る暮らしからの転換

世界各国を飛び回ってきたのは刺激的だったし、新しい情報が入ってくるという意味で価値が高いが、それもルーティンになってしまった今では、あまり心を動かされる体験がなくなってきている。

世界一周をしたり、マレーシアとフィリピンで暮らしたり、合計2年半以上のホテル暮らしをしてきたが、最初は刺激的でも徐々に代わり映えのしない日常に置き換わっていった。

やはり非日常も、ずっと続けば単なる日常になってしまうわけで、むしろどこかで定住する方が、今の私にとっては新しい刺激になる。

そういった意味で、隠遁生活は現在とは全く違う方向に転換できるものなので、面白い試みになりそう。

ただし、どこかで安定した暮らしをすると言っても、基本的な方針として、必要最小限の荷物しか持たないということは、継続していきたい。

さすがに旅を続けている現在と全く同じ水準である必要はないが、いつでもまた自宅を引き払って、無期限で旅に出られるような体勢というのは、残しておきたいというのが、今の私の率直な気持ち。

というのも、1年程度隠遁生活を送ったとしても、またおそらくその後には旅に出ることになるため、一生を一つの縛られたライフスタイルで生きていくのではなくて、様々な体験を積みながら、ぐるぐるとらせんを描くようにして上がっていくというのが、今後の展望。

そういった意味で言うと、かつて日本でくすぶっていたことも、フィリピンやマレーシアで、ドキドキしながら下見なしで、移住をしてみたことも、今のように世界を飛び回って、ホテル暮らしをしていることも、そして隠遁生活も全ては無関係なバラバラな事柄のように見えて、繋がっているのかもしれない。

海外での隠遁生活は難しいのか?

通常隠居暮らしとか隠遁生活とか言うと、日本の地方でやるイメージがある。

理想としては山奥という感じがするが、そこはあまりこだわらなくてもいいように思う。

しかしながら、私の場合は今想定しているのがフィリピンか台湾なので、その点はだいぶ人とずれているように思う。

そもそも老後ならいざしらず、30代で隠遁生活をしようということ自体が、どう考えても世の中の多数派なわけがないので、その時点でずれているのは当たり前だが、それにしても前例の少ないライフスタイルだとは思う。

とはいえ、外国人がフィリピンで暮らすということを考えると、やはりある程度の利便性とか安全は考えなければいけないわけで、どこにでも自由に住み着けるというわけではない。

結局のところ、自然が多い場所といっても、周りに全く店がないような場所では困ってしまうので、そこら辺はある程度の制約を受けることになる。

セブであれば、中心部のセブシティではなくて、以前視察に行った東部のリロアンとか、西部のタリサイとか、そういったところの中で部屋を探すのが妥当なところではないかという風に思うし、パングラオ島の場合であれば、アロナビーチを除けば、基本的には人口密度が低い場所なので、そういったところであれば、島のどの部分でもいいのではないかという風に感じている。

別に隠遁生活をして、そのまま寿命をまっとうしようというつもりも全くないし、まだ30代なので再び都会で生活をすることもあると思う。

例えば、以前に住んだマカティという町は、再び住む可能性も十分にあるし、今後はバンコク等で一時的に暮らすという選択肢も出てくるのではないかという風に感じている。

タイランド・イージーアクセスが復活したことで、バンコク暮らしにおけるビザの問題はクリアする方策も見つかった。

あくまで、今後、様々な生き方を試してみる中の方策の一つであって、隠遁生活で人生の全てが解決するとは思っていない。

そして、最終的な答えだとも位置づけていない。

あくまで通過点であり、過去にマカティで実験的にセミリタイアをしたのと感覚的には似ている。

あの時も本格的にリタイアしたかったというよりも、サラリーマン時代のあこがれを実現してみたかっただけ。

それでも、隠遁生活が試してみたいことの1つであることは間違いない。

極を取れば、その後のバランス感覚にプラスの影響を及ぼせるのはこれまでの体験でも証明済み。

人間関係や社会における自分の居場所の保ち方という意味でも、隠遁生活の体験は残りの人生に大きな恵みをもたらしてくれるはず。



本音を言うと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。

メールアドレス

よく読まれている記事

1位:パワハラ・リストラからの人生逆転

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:お茶会・食事会のお知らせ















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ