クアラルンプールからイポーに来たのは失敗かと思った


マレーシアの国内旅行としてクアラルンプールからイポーにやってきた。

行き方というのは簡単で、長距離電車で移動すること二時間ほどで到着することができる。

この駅舎というのは非常にきれいで、私の場合であればKLセントラルという駅から乗ったのだが、その隣にあるクアラルンプール駅がかつて中央駅として使われていた駅で、今でも非常に風光明媚でそれ自体が観光名所になっているほど。

これはイポー駅も同じことで、こちらもイポーの中の観光スポットとしてとりあげられる程きれい。

この駅舎について、はまさに見る価値のあるだけの建物だと私も感じる。

しかしながら、イポーの街中について見ると、それ以外に街中で目を引くようなものはない。

慣れ親しんだマレーシアの風景がひたすら並んでいるというだけで、これといってイポーならではの特徴というものがあるわけでもなく、かつて住んだジョホールバルがただ単に一箇所に集まっているだけのような光景が延々広がる。

しかも外国人向けのレストランがほとんどなく、ローカルレストランばかりなので食べ物の面でもうんざりしてしまった。

私のようにマレーシアに住んだことがあるわけではなくて、一般的な日本人がイポーに来たのであればそれなりにものめずらしい風景とか、そういったものを楽しめるし、名物の鶏肉料理であるとかもやし料理を楽しむというのも一つの手なので、他人に対してイポーに行くのはやめた方がいいというほどの嫌悪感はないものの、マレーシア在住者がわざわざ足を運ぶような場所ではないというのが到着してから二日間での感想だった。

そして三日目に極楽銅という洞窟の中にある寺院に行ってみた。

ここは非常に良くて、イポーならではとはいえないものの、断崖絶壁の風景であるとか、洞窟を越えたところにある箱庭のような調和の取れた景色であるとか、こういったものを見ているとイポーである必然性はないものの、世界のあちこちにありそうで意外に見つからないものではあるので、来てよかったとはじめて感じることができた。

正直なところわざわざ、クアラルンプールからペナンに行く途中にイポーをはさんでまで見る景色だったのかといわれると若干言葉に詰まるところはあるし、はっきりとイエスともノーとも言えないところがある。

そういった意味でいうと著しく価値が高いというほどではないものの、見ることができてよかったとは思う。

ちなみに、この極楽銅には猿もいて、その点でもかなりものめずらしさがあったが、その後いったペナンの植物園にも同じような猿がいたので、そこらへんは二番煎じのような感覚は受けてしまった。

しかしながらこのペナンという町もいまいちな町で、とてもではないがビーチリゾートを名乗れるような海ではないし、もう恐らくイポーにしろペナンにしろ行くことはないのではないかと思う。

まして移住するということはまずないという結論に至ってしまった。

それ自体は残念なことではあるが、可能性というのはある意味閉ざされることによって残った部分に注目することができるというメリットもあるので、それを考えてよしとしたいと思う。


よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転



メールアドレス

ページの先頭へ