電子書籍プレゼント

マレーシアのマクドナルド店員が自由すぎる


以前にジョホールバルに住んでいた時から思っていたことだが、マレーシアのマクドナルドの店員は、客が列を作って待っていたり、店が混雑したところで慌てたり急ぐ様子が全くない。

もうすでに半年以上マクドナルドに来ることはなかったものの、クアラルンプールに来てから、朝食をとるために2度朝マックを利用することがあった。

他にはにおいを嗅ぐだけでうんざりするようなマレー料理の店しか、ホテルの近くになかったので。

考えてみれば、朝食とは言えマクドナルドへ行くのはマレーシアに滞在している時ぐらい。

卵付きのソーセージマックマフィンが好きなので、これは一日中出してほしいと思っているくらいなので、朝に食べるのであればだいたいソーセージマックマフィンを注文する。

パンケーキについても頼みたいとは思うものの、結局ソーセージマックマフィンを優先してしまうので、なかなか食べる機会がない。

今日の朝マックの時間はかなり混雑をしていて、15人ほどの行列が出来ていた。

それに対して注文を受けているのが一人だけで、もう一人カウンターの中にはいるものの、出来た商品を出すだけの係りのようで、他には全く仕事をしていない。

それどころか壁に手をついてもたれかかっていたり、混み合っていてもそれについて申し訳なさそうな様子も一切ないし、それに対して他のお客さんも特に不満を持っている様子はない。

この辺はやはり国民性やお国柄が反映されるところ。

基本的にマレーシアは時間に対して厳格とかルールに対してシビアといったイメージはないが、実際住んでいると、より一層そのように感じる。

例えば今回もマクドナルドに来る前に、近くのブキビンタン通りにある喫茶店で朝食をとろうとした。

そこは8時から営業ということだったが、8時10分くらいに着いてみると、まだ厨房の準備が出来ていないらしく、10分待たされるということだった。

ここで言う10分が本当に待ち時間として10分なのか、それとも肌感覚としての10分で、実際は15分〜20分に延びる可能性があるのかも分からない。

ということで、その喫茶店で延々待たされるのも嫌だったのでマクドナルドに来たわけだが、相変わらずもたもた仕事をしている印象があった。

こういった部分を見ると、やはり日本人の単純労働の生産性はかなり高いことを感じる。

マニュアルがしっかりしているマクドナルドですら、オペレーションの部分も含めて2倍くらいの生産性の差がある可能性もある。

しかしながら、人件費の費用対効果であれば、日本人の方が2倍どころではない人件費を取るわけなので、結局飲食店をやるのであればマレーシアのような新興国で営業する方が、はるかに成功しやすいことになる。

こういった国は売上や顧客単価が非常に安いのではないかという話にもなりそうだが、実際のところ、朝マックのメニューであればソーセージマックマフィンとハッシュドポテト、それからコーヒーもしくは紅茶を頼めば250円から300円くらいはする。

これを考えても、日本とそう大きく売り上げが変わるわけではないし、実際にそのような商品が注文されていることから考えても、購買力は決して低くはない。

というのも、マレーシアの平均所得は日本より少ないのに対して、経済発展を遂げている国なので将来に対する不安がなく、お金を使うことへの抵抗が少ない。

そういった背景も、このように消費が旺盛である理由の一つとして挙げられる。

先日はPan & Tamperでブランチを食べてきたが、少し朝の時間が後ろにずれ込んでも、マクドナルドで朝食を取るよりはこうした店の方がやはり快調な1日をスタートできることがわかったので、今後はPan & Tamper等を活用していきたい。




マレーシアでは宅配も可能

マレーシアのマクドナルドは宅配サービスもあるので、
雨の日や外出する気にならない時には助かる。

最初にマレーシアで借りたコンドミニアムが
ローカルフード以外の店が近くにない立地で、
マレー料理に飽きてからはマクドナルドの宅配を
週に3回ほど頼んでいた時期もある。


尋ねてもいないのに、
「45分以内にお届けします」と毎回電話で言ってくるが、
時間内に届くのは3回に2回あるかないか。

ひどい時には1時間半以上かかって、
なぜこんなに遅れたのか宅配のスタッフに聞いたら、
ぶすっとした表情のまま「I don't know」と
袋を押し付けられた。

ひどい話だが、
マレーシアの接客のクオリティから考えると
取り立てて問題視するほどのこともでなく、
普通の範囲でくくられてしまう。

マクドナルドが特別スタッフの教育ができていないのではなく、
マレーシアではこういった対応がしばしば。

仕方ないと割り切るしかないのだろう。


大切なことを

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。





取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ