アイルランド旅行は通貨で混乱する


首都のダブリンはユーロを使っていながら、アイルランドの北側のベルファスト等はイギリスの通貨であるポンドを使っているという事実がある。

これは北アイルランドがイギリス領だからで、仕方がないことと言われればそれまでだが、実際に移動をしているとかなり混乱する部分がある。

今回の旅行の場合、ダブリンからベルファストまでバスで行った。

特に入国審査等があるわけではなく、パスポートの提示も求められない。

そのため、国内旅行と同じような感覚で移動をすることになる。

しかしながら到着してMolly's Yardで食後に会計をすると、突然ポンドに切り替わっていることに気付いた。

財布の中には紙幣としてポンドとユーロ両方が入っていたものの、小銭に関して言うとポンドは別のところに入れてあったので、使うことが出来ない。

こういったことが起こってしまうというのが、度々通貨が切り替わる国の厄介なところ。

他の国に移動する際においても、こうした問題というのは起こるものの、陸路でちょっと移動をするだけで、いつの間にか通貨が切り替わっているというのはかなり不便なように感じた。

ベルファストは北アイルランドを代表する街なので、こちらがポンドであるということはちょっと調べればわかる。

ただ単に準備を忘れていたということはあったが、リサーチをする分には特に困るようなことはない。

しかしながらもっと中途半端な位置にある無名な街であれば、そこがユーロなのかポンドなのか事前に知ること自体が難しいかもしれない。

さらに言うと、ベルファストでポンドをある程度消化し、そこからダブリンに戻ると、またいつの間にかユーロに戻っているという現象が起こる。

ここら辺というのは頭を切り替えるのが大変だし、街の物価にも跳ね返ってくるのでかなり厄介なところだと感じた。

実際ダブリンからベルファストに行ったら、スーパー等の価格を見て、当初は首都ではないだけにやはり物価が安いように感じていた。

しかしよく考えてみると、ユーロに対してポンドというのは40円ほど高い訳なので、実を言うとほとんどものの価格というのが変わらないということが判明。

こうして体感的な物価の高さということにも通貨は影響してくる。

しかもベルファストで発行されたポンドというのは、基本的にはロンドン等のイングランド本島では使えないとか、もしくは使うのを嫌がられるという話も聞いた。

そのため出来るだけポンドを使い切るようにはしたものの、完全にゼロにするわけにもいかず、ここら辺が厄介なところだった。

しかもこのポンドというのは小銭にしてもかなり重いので、保管しておくにも結構な重量になる。

こういったものが積み重なっていくと、各国の小銭というのも決してばかにならない重さになってくるので、こういったところはかなり厄介なところ。

そういった意味で言うと、ユーロのように多くの国が統一通貨を使ってくれると旅行者としては助かる。

もちろん発行する国の側としては各国で金融政策を独自に行えないとか、様々なマイナスな点があるものの、単純にそれらの国を旅行する側としては出来る限り通貨というのは小分けにするよりもまとめてくれた方が便利であるというのが実情だとアイルランドでつくづく感じた。




写真で見るアイルランドの旅

今回の旅はハイシーズンの7月、
ロンドンから船と陸路でダブリンへ向かうところから始まった。

通貨で言えば、ポンドからユーロへと、
この段階で切り替わった。






ダブリン城



テンプルバー



ダブリンを後にして、
北アイルランドのベルファーストへ。

こちらでは郊外のツアーにも参加して
雄大な自然を楽しんできた。


ベルファースト市内




アルスター博物館




ボタニックガーデン



郊外へ





ジャイアンツコーズウェイ


ダークヘッジ


この後、再びダブリンに戻ってから
ポルトガルの首都、リスボンへ飛んだ。

アイルランドは夏でも寒く、
海の透明度は高かったものの、
基本的に泳ぐのに十分な温かさはなかった。

おかげで海沿いも静かで、
その意味でとても魅力的だった。



本当のところを明かすと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。

メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ