電子書籍プレゼント

タラの丘やニューグレンジにいかなかった理由


ダブリンの近くには、デイツアーで行けるようなスポットがいくつかあって、その代表的なものとして、タラの丘やニューグレンジなどがある。

当初はここにも足を運ぶ予定でいた。

というのも、しばらくダブリンでゆっくりしておきたかったのもあって、特に日程が詰まっていたわけではないし、市内の中心部の見所も数日泊まっている間に自然に回っていたので。

ダブリンは決して大きな町ではないので、徒歩圏内でだいたいのところを回ることができる。

ダブリン城やテンプルバーをはじめ、いくつかのエリアも回っていたし、トリニティーカレッジにも2回ほど足を運んでいた。

そういったこともあって、市内の見どころは他になくなってきたので、デイツアーに申し込んで日帰りの旅行を楽しんでみるのもそれはそれでいいかと思っていた。

元々こういったツアーに参加することは少なかったが、ベルファーストで行ったゲーム・オブ・スローンズの撮影地ツアーが好印象だったので、今回も郊外に足を延ばしてみようかと思っていた。

しかしながら、実際にはそういったことをすることなく、ダブリンでだらだらと時間を過ごしているうちにリスボンへの移動日がやってきた。

というのも、既にベルファーストの旅によってアイルランドの自然は満喫していたので、改めてタラの丘等に行く必要がなかったため。

タラの丘やニューグレンジ、あるいはその周辺は見所が主に2つあって、1つは自然、そしてもう一つは遺跡ということになる。

残念ながらこの遺跡は博物館と同じで、考古学的な知識を持たない私にはあまり価値を感じない。

今現在機能している建物の方が興味をそそるし、その意味で数百年、もしくは1000年以上も続いている教会は見所として興味深いが、もうすでに崩壊してしまった遺跡を見ても心を動かされることがあまりない。

そういった意味で言うと、ローマのコロシアム等も、外から見る分には立派だとは思ったが、中に入ってみたら完全な廃墟になっていてがっかりだった。

そういったこともあって、今回はダブリンから郊外に出て、わざわざタラの丘等を訪れることなく、そのままダブリンの市内でぶらぶらと散歩をしたりしつつ、1日を過ごしてそのまま滞在期間が終わった。

おそらくダブリンについてはまた改めて訪れる機会があると思うので、その時にでも郊外を訪れてみたいし、かなり西側に移動するとゴールウェイという場所もあるので、そこから島に移るとか、そうういった移動もできる。

そこら辺については、次回以降に回すとして、今回はダブリン市内とベルファースト、それからベルファースト郊外のみを対象とした方が今後に楽しみを残すことができるし、現在の旅の体力を考えても余裕を持って進めていくことができる。

ということで、ダブリンからはちょこちょこと動き回ることなく、そのままリスボンに行くことにした。

今回の旅においては、色々な場所に行くというよりは、いかに快適に巡るかということと、今後の居住地だったり、あるいは投資に関しての知見を得ることを第一にしている。

そういったわけで、タラの丘やニューグレンジに関しては、今回の旅の中で訪れることは断念した。

今後も多くの地点を回るよりは、1か所にある程度長居して、その町をじっくりと見定めるパターンが増える見通し。


本当のところを明かすと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。





取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ