イスラエル移住までのハードル

※以下はイスラエル・テルアビブ在住の駒野さんからの投稿

イスラエル移住のハードルは、これはもうビザですね。

ある意味、ビザが移住において重要なのは、どの国でも一緒だと思うんですけど。

イスラエルだと最初に入国してもらえる観光ビザが三ヶ月だけなので、それ以上長期にわたって住む事になった場合には、学生ビザしかり、労働ビザしかり、何かしら手続きをふむビザが必要で、それらのビザを取るのがやっぱり難しいっていう事ですよね。

労働ビザを取るには企業から取るか、もしくはイスラエル人の彼、彼女がいれば、その人と一緒にカップルビザという形でビザを取っていけばいいんですけど、その手続きがものすごく時間がかかったり、結構手間がかかる作業です。

ビザを取るのに時間もかかりますし、お金はそこまでかからないですけど、そういうハードルをいかに越えられるかってところがキーだとは思いますね。

あとは、まれに三ヶ月間の観光ビザを上手く使って、三ヶ月間イスラエルに居てから外の他の国に行って、また帰ってきて三ヶ月イスラエルで過ごすっていう事を繰り返す人もいます。

ただ、やっぱり何度かやっているうちにイスラエル側で「あれ?この人住もうとしてるんじゃない」っていう事になって、普通は三ヶ月出るビザが一ヶ月しか出ないというトラブルもあるので、できる限りビザの準備は早めにした方が良いですけど、またこれは中々難しい問題だと思いますね。

ビザ以外のイスラエル移住に関してのハードルは、お金の件とか住む場所とかですけど、そういうのはそこまで難しい問題でもないと思います。


イスラエル移住生活に必要な語学力のレベルとは?

語学に関して言えば、テルアビブやエルサレムならかなりの確率で皆英語が喋れるので、公用語であるヘブライ語とかアラビア語を使えなくても、まず生活が出来るというところは良いところですね。

それこそ英語が主の言葉ではないので、皆喋れるんですけど、アメリカ英語みたいな速さじゃなくて、ゆっくり喋ってくれるんですね。

なので聞き取りやすいし、多少文章が間違ってたりとか、文法がゴチャっとしていても相手も聞き取ってくれるところは、それこそ「語学レベルにあまり自信ないな。」っていう人でも、飛び込んじゃえば会話は出来ると思います。

実際に私がそんな感じでした。

それこそ勤め先、研修先にもよりますけど、仕事で移住となれば英語は必須で、ヘブライ語に関しては、ヘブライ語を習う学校のウルパンというところがあるので、そういう所で六ヶ月なり一年なり研修しながら学んでいけば十分です。

こちらに住んでる日本人も個人的にヘブライ語教室というか、日本人はヘブライ語を学んでイスラエル人は日本語を学ぶ勉強会みたいなものを開いている人もいますし、ヘブライ語に関してはこちらの国に来てから学ぶということで大丈夫かと思います。

私の知り合いの日本人では、それこそ英語が全くできない状態で来て、英語を学ばず、そのまま直接ヘブライ語を学んだ方もいます。

職種によってなんですけど、ヘブライ語が必ずいるところもありますけど、大体英語ができれば何とかなりますし、それこそ私は英語すらほとんど喋れない状態で来て、何とかなってます。

もちろんヘブライ語が喋れるにこした事はないんですけども、イスラエルに移住してから学ぶ方法もありますね。


海外に移住するのは本当に難しいのか?


日本を出て海外に住むようになってから
「海外に移住したい」という話をよく聞くようになった。

同時に、

「英語が苦手で・・・」

「海外での部屋選びで失敗しないか不安」

「他の国での生活を想像できない」

「下見で何を確認したらいいか分からない」

「移住後の仕事やお金が問題」

等々の様々な不安や悩みも耳にする。

そこで、10年以上海外で暮らし、
4ヵ国に住んできた経験を凝縮した電子書籍、
『「いつか海外に住みたい」を手の届く現実にするための本』
を無料でプレゼント
することにした。

電子書籍の目次等も掲載しているので、
プレゼントページへどうぞ

電子書籍のプレゼントページへ



よく読まれている記事