台南と高雄で美容院に行ってみた




旅暮らしをしていると、現地の美容院で髪を切ってもらうことになる。

しかも私は髪が短いので、3週間に1度はカットに出向く必要があり、そのたびに微妙に髪型が変わって安定しない。

今回は台湾に長く滞在しているため、昨日は高雄の三多商圏駅から徒歩3分ほどの美容院に行ってきたし、その前は台南で髪を切ってもらった。

とりあえず台湾の美容師と英語で会話が成立した試しがないし、ジェスチャーで髪型を説明してもいまいち通じていない様子なので、次回からは写真を持参していこうと思うのだが、毎回忘れてしまう。

そもそも美容院に寄るのは夕食後に思いついたタイミングで、事前に計画しているわけではない。

予約も入れないし、予定にも入っていない。

夕食後に限定しているのは、切った髪がチクチクと首周りに刺さったり、顔に張り付いていたりするから。

特に襟周りは気になってしかたない。

ということで、今回も写真無しでカットしてもらったが、台北や台南で切ってもらった時より、理想に近づいた。

次回は香港に行く前に、もう一度高雄で切ってもらうことになるだろう。

とりあえず今日は何首鳥鶏という鶏肉・鶏ガラのスープを飲んだ後、髪を切ってもらってさっぱりした。

床に散乱した髪の毛を眺めると、なんだか身軽になって、ちょっとした禊を受けた気分になる。


そして、今日は蓮池潭で龍虎塔や孔子廟を眺めてきたが、スペクタクル感や荘厳さではなく、どこかテーマパークやアミューズメントパークの雰囲気が漂い、神聖な感じはしなかった。

龍や虎もはりぼてのような印象が強く、あまり力強さや聖域めいた雰囲気は感じない。

龍から入って塔にのぼり、虎から出てくると厄が落ちるということだが、あまりご利益がなさそうな・・・。

とは言え、日が暮れてから眺めた龍虎塔には趣があったし、夕方に来たのは正解だった。

もっとも、おかげで蓮池潭を丸一周することになり、かなり乳酸がたまった印象は残る。

帰りに脚底按摩(足裏マッサージ)に寄ろうかと思ったが、時間的に中途半端だったので、牡蠣のスープに空芯菜の炒め物、酸辣湯に水餃子を入れたもの、デザートに豆花を食べて三多商圏の図書館近くにあるホテルに帰った。



最後に

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。

メールアドレス




よく読まれている記事

1位:パワハラ・リストラからの人生逆転

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:お茶会・食事会のお知らせ















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ