台湾の冬の寒さは、ある意味日本より厳しい面も


台湾には冬があり、
これは東南アジアとは違うところ。



位置的には沖縄のさらに南、
フィリピンよりは北という位置づけになる。

石垣島の近くなので、
季節によってある程度の寒暖の差があるのは
地図で見ても納得なところだが、
実際に住んでみて気づいたこともある。


まず、台湾に四季はない。

夏と冬があるだけで、
12月前後が寒さのピークとなる。

それでも最高気温が24度まで
上がる日もあったし、
逆に日中でも15度を越える程度の日もあった。

常夏の国のように年中半袖というわけにはいかず、
薄手のダウンジャケットを着込む人の姿も目にする。

サンダルでは足が冷えるので、
久しぶりに靴を履くことになった。

これはフィリピンやマレーシアで暮らしていた頃とは違う点。


基本的には寒いというより涼しい程度だが、
冷え込む日は部屋の中でも裸足ではいられず、
靴下を履くようになった。

加えて、床がひんやりするタイルなので、
室内用スリッパも買って来た。


台湾は日本のように寒い国ではないため、
暖房設備は充実していない。

エアコンは付いているものの、
暖房機能はほとんど機能しない。

他にヒーター等もなく、
寒い日は室内でもそれなりに冷える。

台湾だけではなく、
香港も似たような環境にあるという話は
現地に住んでいる友人から聞いたことがある。


何かしらの暖房器具がほしいと思うのは
年間に数日程度なので、
たしかに部屋のオーナー側としても
わざわざ費用を出して購入したくないだろうし、
入居者としても自前で買おうとまでは思わなかった。

ただ、時には冷える日もあるので、
そうした時には暖房やこたつがある日本の方が
室内環境では恵まれている部分もある。

もっとも、部屋の外に出た時の寒さは
東京の方がはるかに厳しいのだが。


北海道民から見ると東京の寒さが大したことないように、
日本から見れば台湾の冬の寒さは厳しくない。

ただ、日本を出て6年を南国で過ごし、
そこから北上してきた身には
台湾の冬もなかなか応える日もあった。

とは言え、
タイの4月のような酷暑に比べれば、
大半の日は涼しくて過ごしやすい。

時々寒さが厳しい日が続くだけ。

その厳しい日は
最低気温が10度を下回ることも。

しかも台湾ではバイク(ほとんどは原付)に
乗っている人が多いので、
寒空の下で風を切るのは寒さが厳しそう。

急に冷えてくる日もあるので、
うっかり軽装備で街に出ようとすると
予想以上に寒くて身震いする事もあった。


冬だけあって日も短くなり、
日の出も午前7時近くになったが、
このあたりは特に不都合はない。



率直に言うと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。

メールアドレス




よく読まれている記事

1位:パワハラ・リストラからの人生逆転

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:お茶会・食事会のお知らせ















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ