電子書籍プレゼント

マカティは平日と土日で別の顔を見せる




私の住んでいるマカティは、
週末になると急に人通りが減る。

歩行者も車も10分の1以下になるし、
土日休業の飲食店も多い。

24時間営業の店ですら休んだりするほど。

ここはフィリピンのビジネス街の中心なので、
やはり休日には人が減る。


それでも元々の店の数が多いので、
土日に食事に行くにも数十軒から店を選べるので
特に困ることはない。

土日に確実に空いているレストランを
マカティで見つけたいのなら、
手っ取り早いのはグリーンベルトへ行くこと。

大型のショッピングモールなので、
もちろん休日でも数多くのレストランが営業している。

テナントの審査が厳しく、
すでに実績を残しているレストランしか店を出せないので、
それなりに質の高い店が多い。

フィリピン料理ならSentro 1771、
スペイン料理ならTapellaあたりが美味しいし、
最近はまい泉も進出して美味しいとんかつが食べられる。

Queens at BollywoodやSimply Thaiへ行くことも。

土日に限らず平日に行くこともあるが、
グリーンベルト内だけでも飽きることがないし、
近くのグロリエッタも含めるとさらに選択肢が増える。



アヤラ通りという大通りの地下交差点のエレベーターも
土日には止まる。

あまり人も通らないので、
これも仕方ないことなのだろう。

まだまだインフラが整備されきってはいない国なので、
電気が貴重ということもある。



そんなわけで、
平日と土日ではフィリピン・マカティの見せる顔はまったく違う。

中心通りとなるアヤラ通りは
特にその傾向が強い。

私のコンドミニアムはアヤラ通りからは1本外れているので
もろにオフィス街というのは避けているが、
やはり影響は大きいというのが住んでみて分かった。

オフィスも持たずに働いているので
別にオフィス街に住む理由もないのだが(苦笑)、
やはりマニラの中で安心して住めて利便性が高いとなると
マカティが筆頭候補だったので。


フィリピンに移住してきた当時はよく知らなかったが、
グローバルシティの一部も発展しているし、
こちらはオフィス街というより住宅街なので、
グローバルシティに住んでみるのも面白そうな感じがする。

あるいは、オルティガスもなかなか面白い選択肢になりそう。

機会があれば挑戦したい。




本当のところを明かすと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。

メールアドレス




よく読まれている記事

1位:パワハラ・リストラからの人生逆転

2位:海外移住の電子書籍を無料プレゼント中

3位:お茶会・食事会のお知らせ








本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事
電子書籍プレゼント

ページの先頭へ