マニラでの生活をブログに書いていたら・・・


フィリピンに移住してマニラで生活しているので、
ブログにもそのことを書くことが多くなった。


住んでいる場所が変われば、
おのずとその土地について書くことは多くなる。

まして住む国が変わったとなれば、
なおさら気付くことは多いので。

その前もマレーシアにいたので、
移住希望者がコンタクトを取ってくることはあった。

ただ、マニラに来てからブログやフェイスブックを見て
私に連絡してくる人が増えた。

この1週間で立て続けに福島・大阪から2人来たのもそう。

マニラのことをブログに書いていると言っても、
別に私は移住サポートをしているわけでもない。

たまたま今はフィリピンに住んでいるというだけだし、
来年になればまた住む国も変わってくるだろう。

その私の話を聞きたいと言って連絡してくるのも不思議な話だが、
実際にそうした人は後を絶たない。

ただ、その時に思うことがある。

ブログを読んだこと以外に一切情報がない人とは
さすがに会う気になれないということ。

ひどい場合には苗字以外に何の情報もなく、
年齡も性別も何の話を聞きたいのかも分からず、
その人が何者かも一切不明な状態で
ただブログを見たから会いたいと言われても・・・。

こちらとしてもマニラへの移住を勧めているわけではないし、
観光大使か何かではないのだから
そこまでする気にはなれない。

普通に考えれば、
素性がまったく知れない相手に警戒するのは
当たり前のことだと思うのだけれど、
そこを気にせずにメールをしてくる人は案外多い。

そういう常識的なことができていない人が
意外に多いというのがブログへの反応を通して知ったことの1つ。

見ず知らずの相手に連絡するなら、
簡単な自己紹介を入れるだけでも印象がぐっと変わるので、
それをしないのはもったいないと思う。

自分が何者かも分からずに、
「マニラでお会いしたいです」と言われても
やはり不気味さが先に立ってしまうので。

そんなわけで会う人は当然選んでいるし、
これまで実際にマニラで会ってきた人とは
楽しい時間を過ごすことができた。

何しろ海外までやって来るぐらいなので行動力のある人が多いし、
職業や年齡、背景も様々。

色々な話を聞けるのは面白い。

この点はマニラについてブログに書いていてよかったと思う。

相手が私のことをある程度理解した上で、
合う人が引きつけられてくるため、
たまたま遭遇した初対面の人と話が合う確率よりも
ずっと確かなものとなっているのも助かる。


海外に移住するのは本当に難しいのか?


日本を出て海外に住むようになってから
「海外に移住したい」という話をよく聞くようになった。

同時に、

「英語が苦手で・・・」

「海外での部屋選びで失敗しないか不安」

「他の国での生活を想像できない」

「下見で何を確認したらいいか分からない」

「移住後の仕事やお金が問題」

等々の様々な不安や悩みも耳にする。

そこで、10年以上海外で暮らし、
4ヵ国に住んできた経験を凝縮した電子書籍、
『「いつか海外に住みたい」を手の届く現実にするための本』
を無料でプレゼント
することにした。

電子書籍の目次等も掲載しているので、
プレゼントページへどうぞ

電子書籍のプレゼントページへ



よく読まれている記事