フィリピン・マニラで食べた日本食を公開【画像60枚以上】


マニラには日本食を食べられる店が多い。

事実、フィリピンに移住してきてからも、
平均して1日1食は和食を食べてきた。


ということで、この1年で
マニラにて食べた日本食の一部を画像でまとめてみた。

エリア的にマカティが多いのは、
自宅コンドミニアムがあったから。

もう少し詳しく言うと、
マカティの中でもレガスピ地区で、
リトルトーキョーもグリーンベルトも徒歩圏内だった。

特にリトルトーキョーの方が近かったのだが、
グリーンベルトは屋根付きの遊歩道を利用できたため
赤道近くの強烈な日差しを遮ってくれ、
いざ訪れる時の労力は似たり寄ったりだった。

では、写真付きでフィリピン、マニラの日本食の状況を
お見せしようと思う。

彩夏
マニラはサーモンとハマチが美味しい



白魚の煮込み定食



マカティのグロリエッタの銀座・梅林のカツ丼

食事中、日本人のシェフが挨拶に来てくれた



グロリエッタの山頭火のラーメン。

ラーメンは海外では圧倒的に失敗が多いメニューで、
住んでいる街に山頭火があるのは心強い。



リトルトーキョーの神楽のお好み焼き



創作料理、華のカレーピラフと野菜炒め




鉄板焼きもなかなか




いつの間にか日本食のようになったカレーライスもばっちり




定食の定番、焼き鮭定食。




リトルトーキョーの外れにある新宿ラーメンの塩ラーメン




ゴーヤチャンプルは色々な店で食べられる



マニラでは神楽にてソバ飯も食べられる



海苔と大根おろしが大量のソバ


餅とゴーヤチャンプル
正月にはお雑煮も!


焼き鯖




レバニラ炒めとナタデココ







関取の野菜山盛りのちゃんこ鍋



彩夏にて、期間限定のさんまのお作り



グリーンベルトの金ぷらにて、ざる蕎麦と串焼き




ハマチとなめろう



マニラの秋田屋できりたんぽと湯豆腐







のだ屋のちらし寿司もかなり豪華な内容



大晦日には月見そば




ヤマザキのカレーはレトルトっぽかった




ヤマザキのラーメン・チャーハンセット












野菜が不足しがちなフィリピンで、生野菜サラダと牛丼




グリーンベルトのTONKATSUのカツ丼








たまには童心にかえってエビフライも




新宿ラーメンの担々麺




リトルトーキョー、関取のボリュームたっぷりのランチ












グロリエッタにある山頭火のラーメンと納豆ご飯のセット




一人用のすき焼きも



マニラの日本食
マカティのグリーンベルトでは釜飯も食べられる



さばの味噌煮定食




サーモン丼



フィリピンの和食




秋の風物詩、塩焼きサンマ




関取のちゃんぽんうどん


リトルトーキョーのランチ
季節限定のカツオのタタキ丼


関取
メンチカツ


お餅
本格的な磯辺焼きは季節を問わずに食べられる



豚肉のスタミナ炒め


海外の吉野家
グロリエッタの吉野家の牛丼


にぎり鮨セット



関取のランチ
本格的なつけ麺


リトルトーキョーののだ屋
うに、まぐろ・サーモン・ぶりの刺し身定食







きつねそば
蕎麦とおにぎりの炭水化物セット(笑)



カツ丼と蕎麦



野菜ラーメン



海外の寿司
創作寿司も意外に美味しい。サーモンとチーズの相性が良かった。



リトルトーキョー、里雄禅の湯豆腐



こんにゃく、大根、卵
里雄禅のおでんと焼きおにぎり


山芋
とろろも食べられる。


マニラでのランチ
リトルトーキョーの刺身セット



フィリピンの夕食 味噌煮込みうどん



鍋料理
石狩鍋



きりたんぽや釜飯、石狩鍋、味噌カツなど
日本でもそこそこレアな物も食べられるので
マニラでは食べることに困ることはない。

海外生活が3年目になって感じるのは、
やはり食事の面で我慢するのは厳しいし、
その面が充実した街は暮らしやすい。


その意味で、マニラの中でもマカティには
リトルトーキョーがあることもあり、
とても住みやすいエリアであると感じる。



その前に住んだマレーシアと比べても、
このマカティの利便性はとても高いし、
日本にいるのと変わらないクオリティーの和食も
楽しむことができる。

正直、食事の面を考えると、
マニラから離れるのが惜しいと感じてしまうほどに。



本音を言うと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。

メールアドレス

よく読まれている記事

1位:パワハラ・リストラからの人生逆転

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:お茶会・食事会のお知らせ















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ