電子書籍プレゼント

フィリピンは世界で8位の米生産国だった




フィリピンが世界最大の米の輸入国であることは聞いていた。

実際、とにかくよく米を食べる。

麺類よりもご飯。

フィリピンのファーストフードチェーンの一角、
INASALではご飯のおかわりが自由だった。

しかも店員がご飯をつぎに周ってくる。

周囲を見ていると、
実際ご飯をおかわりしている人もいたが、
おかずはほとんど肉だけ。

かなり食生活として偏っている。

もちろん日本的な米ではなく、
東南アジア系な米なので、
炊いて食べても日本人としては味はちょっと・・・。



そんな米好きな国民性があるのは感じていたが、
実は生産量が少ないわけではなかった。

世界でも8位にランクインするほどに
米を大量に生産しているということ。

まさかそんなに作っていたとは。

それでもまったく足りず、
大量に海外から輸入することになっているらしい。


かつては米の自給率が100%だったこともあるのが、
生産効率が落ちたりして今では輸入国に逆戻り。

ベトナムが輸出規制をかけたりするとあおりを受けるので、
フィリピンとしてもここには危機感があるという。



どうしてもフィリピンといえば
バナナやマンゴーのイメージが優先して、
米を作っているイメージはなかった。

大量に輸入していると聞いていたし。

しかし、生産量も決して少なくはないらしい。



そういえば、マカティやフォートボニファシオのような
外国人の居住エリアにはイタリアンの店が多い。

そうなると、パスタやピザといった
小麦粉の消費が増えることになる。


しかし、ファーストフードでは
必ず米のメニューが置いてある。

マクドナルドにも置いてある。


まして、これがフィリピン人しか住まないエリアになれば、
ますます主食は小麦粉等ではなく米になるのだろう。

そして、人口は1億人弱。


世界8位の生産高を誇りながら、
世界でもっとも多くの米を輸入しているのも納得できる気がする。


日本人も多く住んでいる国なので、
フィリピンでジャポニカ米を生産するという話も聞くが、
上手く行っているのだろうか?

普及してくれれば、日本品質の米が食べられるようになって、
フィリピンがより日本人の住みやすい国になるだろう。



本当のところを明かすと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。

メールアドレス




よく読まれている記事

1位:パワハラ・リストラからの人生逆転

2位:海外移住の電子書籍を無料プレゼント中

3位:お茶会・食事会のお知らせ








本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事
電子書籍プレゼント

ページの先頭へ