電子書籍プレゼント

マレーシアにてパスポートの更新完了



先週クアラルンプールの日本大使館に行って、パスポートの更新の申請をしてきた。

今回は週が明けたので、受け取りに行くことになった。

3日後にはできるということで指定されていたので火曜日に行ってみたが、4時10分頃着いたところ、どうも午後4時には閉まっていたらしく、結局受け取ることができずに1日目が終わってしまった。

ホームページを見てみると、17時半までやっていると書いてあったが、どうやらそれは別の部門だったらしく、領事部に関しては16時で終了ということだった。

結局無駄足になってしまったので、もう一度翌日に行くことになり、今度は午後3時前には到着して、そのまま特に問題もなく、増刷分も含めたお金を支払い、新しい日本のパスポートと、すでに穴をあけられた古いパスポートを受け取ることができた。

今回の場合で言うと、古いパスポートも残り10ヶ月ほど期間は残っているが、この分は加味されず、申請をした翌日の日付でパスポートが発行された。

本来であれば、2回日本大使館に行くだけでいいところ、3回行く羽目になってしまったが、これで無事にパスポートの更新が完了した。

しかしながら、これで全ての作業が終わりというわけではなくて、今度はマレーシアの移民局に行って、MM2Hビザの移管手続きをしなければいけない。



内見や書類の海外発送の用事も

その後はモントキアラのコンドミニアムを内見する予定も入っている。

こうなってくると、いっそのことMM2Hというあまり役に立ちそうもないビザは廃棄してしまおうかという気もするが、どのみち移民局に行かなければいけないことに変りはないようで、それがないと出国できない。

仕方がないので、これから行き先を調べて数日中には行ってくる予定。

拠点にしているパークロイヤルホテルから日本大使館へは、ブキビンタンのパビリオンというショッピングモールを経由していく形になるので、帰りにはスノーフレイクという台湾スイーツの店で、セサミ・スプリームという胡麻風味のかき氷や、ジャパン・プレミアという抹茶風味のかき氷の上にパールや餅がのっているものを食べて、帰ることにした。

他にも、香港のHSBCに送らなければいけない書類もあったので、帰りにブキビンタンの交差点の脇にある、スンゲーワンショッピングモールの3階にある郵便局にも寄ることにした。

なんだか最近は、本業よりもこういった雑用的な業務が多くなってしまっていて、その点は不満なところではあるものの、後はパスポートの移管手続さえ終われば、ひとまず余計な仕事はなくなるので、ようやく本来の自分の仕事に集中できる環境を作れそう。

元々の目論見としては、アジアに戻ってきた段階から新しい仕事に取り掛かろうと思っていたので、その点で言うとなし崩し的にどんどん予定が遅れてはいるものの、ようやく目処が立った。

これ以上余計な問題が起こらないことを祈りつつ、一つ一つ片付けていくしかない。


本当のところを明かすと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。





取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ