正社員で楽な仕事を見つけるには?


業務が少なすぎて困るという話も世の中には存在する。正社員でも楽な仕事がある以上、わざわざ辛い職種を選んだり、劣悪な職場で働くよりもいいと思うのは自然な発想だろう。

ただ、正社員はしょせん会社に雇われているサラリーマン。今は楽な仕事をしているとしても、半年後には配置転換や会社の経営方針の変更等によって、まったく状況が変わってしまうことがある。

会社によっては部署によっては定時退社が当たり前なので、忙しい部署では終電間近まで働くことが常態化していたりする。天国のような楽な仕事から、地獄のように過酷な部署に放り込まれる可能性は否定出来ない。

正社員である以上、転職にも抵抗感が伴う(頻繁に別の会社に移るのは困難)から、いくら楽な仕事にありつけたところで、それは一時的な利権のようなものにすぎない。

もちろん、せっかく楽な仕事で給料をもらえるなら、その場にとどまる選択肢もある。ただ、その間に次の一手を考えておかないと、正社員としての立場以外、何も残らない。

忙しい部署に異動になったり、嫌な上司がやって来たら対応できるようにしておかないと、人生は安定しない。基本的に、正社員であっても派遣や契約社員であっても、自分で稼げない限り自由は得られないと考えざるをえない。

結局、わざかな希望を頼りに正社員として楽な仕事を探すぐらいなら、自ら稼ぐ力を身に付けて好きなペースで働くほうが、自分で生き方や働き方を選べるので、いいのではないだろうか?

そもそも正社員になれて楽な仕事なら、給料が安くても希望者が多いため、外部に求人広告等を通して募集をかける前に、縁故採用で決まってしまうこともある。砂漠に落とされた宝石を探すような苦労をするぐらいなら、もっと他の道を進む方が得策と言える。



ちなみに、私の知人で一時期、楽な部署に配属されて3年ほど仕事をしていた人がいる。全行があるのは年に3日ぐらいで、基本的にのんびりしている。部署内の人間関係もゆるい感じで、特にストレスがなかったらしい。

学生時代にしていたコンビニのバイトよりも楽だと思っていたのに、会社が組織体制を見なおすのに伴い、彼はまったく希望していなかった営業職に回された。これまでの余裕な空気が流れる部署から一変し、結果が求められる仕事に。

その会社は部署のトップの性格が職場に色濃く反映されていたらしく、営業の部署は同じ社内とは思えないほどに体育会系で、楽な仕事どころではなく、これまでののんびりしてきた期間に積み重なった甘さも災いして相当苦労したらしい。

正社員の立場を手放したくなかったのと、あの楽な部署から営業に回されたら辞めるだろうという周囲の予想通りになるのも嫌で、1年半は頑張ったという。しかし、結局退職。常に数字で結果を出し続けなければいけない上、そもそも性格に合わない営業職はつらかったという。

考えてみれば、本人に合わない職種に回して定年まで働かせるというのもすごい話で、当たり前に行われているが驚くべきなのかもしれない。それもサラリーマンという立場であるかぎりは、仕方ないことなのだろうが・・・。




本音を言うと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。

メールアドレス

よく読まれている記事

1位:パワハラ・リストラからの人生逆転

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:お茶会・食事会のお知らせ















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ