電子書籍プレゼント

海外移住が現実化したきっかけ


初めてだったのかもしれない。自分の意思で環境を大きく変える決意をしたのは。

日本を出て海外移住を決めたのは、何かの出来事が決定的なきっかけだったわけではない。ただ、日本にいる必然性はなくなっていた。パソコンとインターネットさえ使えれば、どこにいても仕事はできる。

海外に出れば刺激的な日常を送ることも、安い生活コストで暮らすことも、花粉症から逃れることも、今までの惰性を一掃する機会を得ることもできる。それは分かっていても、新天地に身を投げ出すのには勇気がいる。

ただ、サラリーマンを辞めて自由になってから、自分で作ったビジネスで生活に十分な収入が得られるようになったものの、生活は惰性によって流されている感じになってしまった。

決して不幸ではない。自分の力で生きていくことは充実している。ただ、このまま人生が終わっていくと思うと、何だか物足りない感じがした。当時はまだ20代。自分の人生の可能性を全力で探ってみてもいい気がした。




口からこぼれた意外な言葉

ある日、実家で両親と話している時に、不意に口をついた言葉。

「海外に出ようと思う」

両親の反応は意外にも冷静だった。2人とも海外生活なんて考えたこともない、それどころかパスポートすら持っていないが、息子が海外に移住すると言い出したことに明確な拒否反応を示したりはしなかった。

長男であることもあり、どこかで両親のことを考えてしまっている自分がいた。しかし、この時に分かった。それは言い訳だったと。両親を引き合いに出して、未知の世界へ旅立てないことを正当化しているだけだった。

この日は、何となく言葉が口から漏れただけで、具体的な計画はなかった。どこの国に移住するかも未定だった。ただ、ここから移住に向けての動きが始まった。

この時の会話が海外移住のきっかけと言えば、そうなのかもしれない。後付けではあるが。


ただ、元々意識にはあった思いだったわけなので、より本質的なきっかけということになれば、ぼんやりとした閉塞感ということになるのだろうか。

パワハラを受けていたサラリーマン時代のように、日々忘れようのないほどの不満があったわけではない。

当時の生活はすでに上がりというか、ここから先の展開が見当たらなかっただけ。次に行くべきステージを考えた時、なぜか海外移住が選択肢にのぼった。

当時はビザの仕組みも大して理解していなかったが、結果的にマレーシアで初めての海外生活を送るようになり、その後はフィリピンでも暮らした。

フィリピンでは永住権を取ったのも、海外移住がきっかけでビザが持つ役割に気づいたからこそ。現在進行形で選択肢は広がっているし、必ずしも明確な動機があったわけではなかった海外移住が、その後の人生を大きく前進させてくれた。




海外移住がもたらしたもの

マレーシアに住んだ後、フィリピン・台湾・タイで暮らしてきた。現在はバンコク在住。

マレーシアでの移住生活は、案外スムーズになじむことができた。実は東南アジアを訪れたのは移住の時が初めてだったので、現地を見て環境が悪ければ、そのまま日本へとんぼ返りすることも視野に入れていたが、そんなきっかけも特になく、そのまま部屋を借りて暮らすことにした。

そして、最初の移住を無事に済ませると、他の国に引っ越すハードルは目に見えて下がった。基本的には同じことをすればいいわけなので。

もちろん、一部にはその国特有の事情もある。例えば台湾で部屋を探した時には、ビザなしでの滞在の場合、引き受けてもらえない不動産会社もあった。フィリピンやマレーシアの場合には、ビザの有無が不動産探しの条件になっていたことがないので、この点は新鮮だった。

こういった国ごとの事情はあるにしても、原則としてどの国に移住する場合も似たような手続きになる。解決しなければいけない問題として、ビザと部屋探しを中心に動いていくことになるが、やってみると意外にシンプル。

こうして日本を出て暮らすようになって、特定の国のカントリーリスクに身を委ねる必要がなくなった。資産防衛を考える時に一つの国だけに財産を置く必要もないし、自分自身の居住国も自由に移すことができる。

そのためには事前の準備が必要だし、そのためにマレーシアやフィリピンでビザを取ったり、各国の銀行に口座を開設したりもしてきた。

海外で暮らすことは、一見すると危険が多いようにも見える。確かに治安の悪い地域も多いし、そういった意味でのリスクは高くなる。ただし、カントリーリスクを分散できるという意味ではリスクマネジメントが可能であるという見方もできる。

個人的には、偶然や国家に身を委ねるよりも自分自身で人生を決定したいので、この傾向は歓迎している。



大切なことを

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。





取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ