なぜ坂本龍馬はこれほどまでに人気なのか?理由を時代性から読み解いた


数々の歴史上の偉人の中でも、特に高い人気を誇る人の一人として、坂本龍馬が挙げられる。

彼の人気ぶりというのは、時代を問わずNHKの大河ドラマのテーマにされたり、さまざまなドラマや映画で取り上げられたりもするが、そういった特にフィーチャーされることのない時期においても、常に歴史上の人物の中で格付けをされると、人気や尊敬度がトップレベルにきている。

その理由はさまざまなものがあって、どの時代も常に今という時代に対する膠着感であるとか、停滞感というのを人々は持っているもの。

そういったものを痛快に破壊していった人ということで、支持を受けるのは当然のことだと思う。



不純な動機が共感を呼ぶ

坂本龍馬自身が持っていた動機は必ずしも崇高なものではなくて、世界中で商いがしたいとか、どちらかというと不純なものだったことが人々の心を掴んで、人気化しているのではないかと思う。

いくら幕末にこの国を変えたいとか、日本を諸外国から守りたいという動機を掲げたところで、それは確かに立派ではあるものの、我々のような一般市民にとっては、どこか遠く感じてしまう。

それが本音であるのか、単なる大義名分であったのか、ということは知る由もない。

単純に、なぜ活動していたかという理由だけで言えば、高杉晋作や勝海舟の方が崇高な目的を持っていたように分析できる。

マザーテレサのような無私の人は、遠目で見れば尊敬を集める。しかし、いまいちピンとこない部分があるのは否めない。

しかしながら、坂本龍馬のように世界に打って出て商売がしたいとか、欧米にどんな文化・文明があるのかを、自分のその目に焼き付けたいということで、遊び感覚で世界に飛び出そうとして、その手段として幕府を倒そうとしたり、あるいは新しい文明をどんどん取り入れていこうとしたのであれば、話は別。

それはある意味とても子供のような純粋無垢で、それでいて矛盾するようではあるものの、大義名分には反する不純な動機ということになる。

ただ結果的にこういった動機によって始めたことで、坂本龍馬は一般人にとっても親しみが湧いて、偉業を遂げた偉人でありながら、その一方で遠くに行き過ぎない存在になっているのではないかと。


幕末や明治初期というのは、数々の偉人が活躍した時代でもある。

初代総理大臣となった、伊藤博文であるとか、中岡慎太郎や、西郷隆盛等、色々な人が活躍し、彼らはそうそうたる顔ぶれに相応しいだけの建前を掲げて行動をしていた。

どこまでが本音で、どこまでが建前だったのかはわからないが、きっと彼らの行動を見ている限りでは熱い思いが本当に胸の中にたぎっていたのだと思う。


その中でも、やはり坂本龍馬というのはかなり異端な存在で、どうしてもその自由ぶりとか、風変わりなところに注目が集まる。

型にはめられないヒーローというのは、まさに坂本龍馬の為にあるような言葉で、それ故に、人々は自分との違いを感じ、どこかで憧れてしまうのではないかと思う。

実際、尊敬する偉人の名前として、坂本龍馬を挙げる人も多い。

実際にそういった人が何をしているかということをみると、革命でも何でもなく、ごく平々凡々とサラリーマンをしていて、会社の中でも特別な存在でも何でもなかったりするのが不思議で仕方がないが、ある意味で言えば、変身願望をかなえてくれる歴史上の偉人というのが坂本龍馬なのかもしれない。



忠臣蔵vs坂本龍馬

その一方で、忠臣蔵のように、主君に忠義を徹底的に尽くすという価値観も、日本人には受け入れられてきた。

忠臣蔵の世界と、坂本龍馬のように、個人として生き抜いた人とでは全く違うが、その両者というのは日本人のDNAに非常に反応をする生き方だったのではないかと思う。

そういう事で考えると、徹底的に組織、あるいは主君に忠誠を誓うのか、もしくはあくまでも個人として戦っていくのか。

そのどちらかを貫き通すことが本当に重要なことで、どちら付かずの中途半端というのが生きていく上で一番恰好悪いというのが、実は現代人が感じている本音なのかもしれない。

ただ、現代の時代性は個人に焦点が向かっているし、忠臣蔵が主君(崇拝できる上司等)に使えるノスタルジーが強いのに対し、坂本龍馬は個人として活躍する時代において、より時代性に合ったヒーローということになるのだろう。




本音を言うと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。

メールアドレス

よく読まれている記事

1位:パワハラ・リストラからの人生逆転

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:お茶会・食事会のお知らせ















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ