タニヤ通り、酒の店でランチ【バンコク、シーロム・サラデーン】


バンコク、タニヤ通りの和食レストラン巡りで
今回は「酒の店」に行ってきた。



ちょうど昼食時だったので、
ランチメニューが用意されていた。

炙りしめ鯖とランチビールにするか?

なぜバンコクはこれほどまでに
炙りしめ鯖を置いている店が多いのだろう。

ブームなのだろうか。

スクンビットの剣心や
プロンポンのとりづくしでも食べることができた。


あるいは鶏南蛮にするか?

刺し身にするか?

色々迷った末に、
しらす丼セットを注文した。

一見地味なメニューながら、
海外に住んでいると食べる機会がなかなかない。

そんなしらす丼をスルーできなかった。

出てきたしらす丼は塩味がしっかりしていて、
醤油をかける必要はなし。


さすがはバンコクで、
刺し身や寿司、すき焼きのような王道から
創作料理はしらす丼まで幅が広い。

世界有数の日本料理が充実した街の評価は揺らがない。

しらす丼のほか、玉子丼とのセットだった。


メニューを見るとサラダはつかないようだったが、
サービスだったのか付けてくれた。


汁物はお吸い物か豚汁を選べたので、豚汁を選択。

豚汁のほっとする感じは味噌汁以上。





酒の店に行ったのは初めてだったが、
他のお客さんと店長らしき人のやり取りを見ていると
異国・バンコクの地で互いに根を張っている印象を受けた。

バンコクという大都会でありながら、
地方の店のような温かいやり取りがあるのは
海外の和食店という特殊な条件も手伝っているのだろう。

初めてだと取っ付きづらいということもなかったので、
また行こうと思う。

なお、酒の店は2号店もあり、
こちらはWallstreet Tower Bldgの地下にある。


それにしても、タニヤ通り沿い、
もっと言えばシーロム駅やサラデーン駅付近は
和食レストランが充実しすぎていて、
新規開拓が終わらない(苦笑)。

タイ料理もずいぶん食べてきたし、
海外生活も長くなってきたので
バンコクでは和食をチャージしたいが、
無尽蔵に新しい店が出てくる。

今回の1ヶ月の滞在ではプロンポンとタニヤ周辺を攻めているが、
攻略するには時間と胃袋が足りない。

さらに、猫カフェのCat Up Cafeを見つけたりもして、
まだまだ行きたい店が増えていく。

ということで、
行けなかった店はまた次回にでも。

ひとまず、今日の夕食は
ルンピニー公園を散策した後で、
タニヤ通りの寿し築地に行きたい。


【酒の店】
住所:Bangkok, Soi Thaniya Surawongse Road
電話番号:0-2235-5519、0-2235-3863
営業時間:11:30-14:00,17:30-1:30



秘密の話

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。

メールアドレス

よく読まれている記事

1位:パワハラ・リストラからの人生逆転

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:お茶会・食事会のお知らせ















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ