電子書籍プレゼント

海外移住の手続きは驚くほどあっけなかったが、1つ失敗も



一大決心をしなければ、海外移住なんてできないような気がしていた。

しかし、実際には日本側で若干の手続き(住民票を抜くぐらい)がある程度で、実に簡単だった。

具体的には、市役所に行って海外に転出する旨を告げ、案内されたカウンターへ。

そこで住民票を抜くための手続きをするが、移転先の住所は必要なく、移住先の国名を書くだけだった。

マレーシアに渡航してから部屋探しをする予定だったので、これは助かった。

その後、住民税の手続きのために別のカウンターへ行くように指示された。

住民税の場合、所得税と違って日本を出たら支払い義務がなくなるわけではなく、海外に移住しても年が変わるまでは納税義務がある。

たとえば、1月に海外に移住した場合、その年の12月まで住民税を支払うことになるため、負担は重い。

逆に12月に移住すれば、その月の末日までで支払いが終了する。

住民票を住民税の手続きを終え、海外移住の一般的な準備は整った。

私の場合、それに加えて税務署での手続きもあったが、こちらは事業を行っている場合のみ。


移住先での手続き

移住先となるマレーシアではどんな手続を行ったのか?

実は、特に何もしていない。

ビザを持っているわけでもないし、役所に届出が必要なわけでもない。

形の上では、旅行者とまったく変わらない形で海外移住が住んでしまった。

こんな立場で部屋が借りられるのか疑問だったが、現地で不動産業者と会った3時間後には契約書を前にして内容を確認していたし、水道や電気、インターネット等は向こうで準備してくれるので、こちらで手続きをする必要もない。

要するに、借りる部屋を見つけるだけで移住先のマレーシアでの手続きは終了してしまった。

不動産の契約の時だけは英語が必要だったが、そこは知人に立ち会ってもらったので、事実上、まったく英語が話せなかったとしても大丈夫だったことになる。

海外移住は簡単だということが理解できるまで、数日かかった。

というのも、さすがにすぐに入居はできず、部屋のクリーニングや電気等の準備が必要だったため。

実際にキレイに掃除された部屋に入った時、何の障害もなく海外移住が完了してしまったことを実感した。

日本に住んでいた頃には考えられなかった、プール付きの2LDKの部屋。

ベランダからの風景はさえぎるものがないため、はるか向こうまで見渡すことができた。


手続きの不備が後日発覚

マレーシアに移住したことによって、マレーシア政府に何か届け出をする必要はない。

しかし、日本大使館に対して、在留届を出す必要があった。

この在留届を見落としていたことが、マレーシアでMM2Hというビザを取得する手続きを始める時に気がついた。

というのも、大使館経由で警察証明を取り寄せたため、その時に確認されて在留届を出していなかったことを知った。

とは言え、その場で在留届を出して一件落着で、特に罰則を科せられたり、不利益な取扱をされたわけでもない。

その点は幸いだった。

在留届は3ヶ月以上滞在する場合に届け出る必要があるので、移住の際には提出しておく必要がある。

現在では、在留届電子届出システム(ORRnet)を使えばオンライン上で手続きができるので、移住したら早めに済ませておくと安心。


伝えるのが難しいこと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?


本当はすべてあなた自身が決めていいことなのに、
現実の世界ではそれが許されない。


このブログを通して伝えたかったのは、
自由に生きるための具体的な方法。


しかし、断片的に情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。


そこで無料で学べる場としてメール講座を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。






取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵

「旅をするように暮らしたい」

そんな思いで2011年に
下見なしで海外移住後、
フィリピンとマレーシアで
コンドミニアムを借りて住む。

その後、
今後の移住先候補の視察のため、
各国を周り住環境の研究をしながら
2年9ヶ月のホテル暮らし。

1年間の台湾生活を経て、
現在はタイでの暮らしを満喫中。

フィリピン永住権と
マレーシアのリタイアメントビザ、
タイランドエリートを取得済み。

8カ国に資産分散。

伊田武蔵の変人疑惑

伊田のこれまで

経歴

カテゴリー
サイト内検索
人気記事