バンコク、炭火地鶏ダイニングとりづくしへ【スクンビットsoi33/1】



バンコク、BTSプロンポン駅からほど近い
スクンビットsoi33/1にある
炭火地鶏ダイニングとりづくしに行ってきた。

日本人居住者にはおなじみのフジスーパーのすぐ近くであり、
近くには和食レストランがいくつも並ぶ。

焼肉の蔵、絆、絆生そば・あずま等、Tomato Noodle等、
行き止まりになっているこの小さなsoi33/1だけでも
ちょっとした日本人街ぐらいの趣がある。

バンコクでは他にも多くの店があるために
特別目立っている通りではないが、
別の国ならもっと注目度が上がるだろう。

それほどタイの和食は充実している。


今回は夕食を食べに、とりづくしへ。



プロンポンにホテルを取っていたので、
今回はasokやトンローよりもプロンポンで
行ったことのない店を開拓してみようと。

中は日本を彷彿とさせる内装。




かなり日本語が話せると思われるタイ人の店員さんがいた。

プロンポンやトンローだと
レストランで英語より日本語が通じることが多いのが
タイの不思議なところ。


なお、店内の表示で気付いたが、
隣りにある焼肉の蔵、
先日訪れた地鶏や・薩摩はグループ店らしい。



特にとりづくしと地鶏やは
店名からして鶏肉へのこだわりが見えるので納得。

どの店舗もバンコクで2店舗ずつ展開しているらしい。

計8店舗。


17時〜20時まではハッピーアワーが設定されていて、
平日は日替わりで半額程度の料金になっているらしい。



とりあえずアサヒの生ビールを注文。



メニューを見ていると、かなり迷う。






釜飯やたこわさびも心惹かれるものがあったが、
とりづくしという店だけにまずは焼き鳥を。

そしてバンコクの居酒屋剣心ではまった
炙りしめ鯖を見つけたので、これも迷わずオーダー。

そして朝からほぼ野菜を食べていないことに気づき、
白菜サラダやナムルを注文。






〆に鶏雑炊を食し、
健康的かつ美味しい夕食を取ることができた。



そして、約10日の断酒を終え、
ビールをジョッキで3杯飲んだらだいぶ酔った。

ホテルに戻ってシャワーを浴びようとしたら、
だいぶ足にきていた(苦笑)。

もう1杯飲まなくてよかった。

これだけ食べて飲んでも850バーツ程度。


とりづくしのメニューは基本、ビールに合う物が多いため、
食事だけではなく飲みにも重宝しそうな店。

ただし、店内は喫煙可能なようで、
煙が苦手な場合は長居には向かないかもしれない。


そろそろプロンポンの宿泊も佳境に入ったので、
残された時間でこのあたりの店を周っておきたい。

その後はシーロム近くに戻り、
1ヶ月の滞在を終えたら台湾へ。

これから1年台湾でコンドミニアムを借りて住む予定のため、
次にバンコクに来るのは1年後以降だろうか。

それまでにこの街を堪能しておきたい。



本当のところを明かすと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。

メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ