いつまで日本人アスリートは世界で活躍できるのか?


テニスの錦織圭選手がグランドスラムの決勝戦に進出したり、フィギュアスケートでは、羽生結弦選手が金メダルを取ったり、更には水泳界でも次々にスターが出たりしている。

こういった日本人アスリートが活躍しているだけではなく、バレエコンクールや、ヨーロッパの国際的な音楽コンクールにおいても、上位に食い込む日本人が出てきて、10代や20代の若い才能が次々に開花しているという印象を持ったり、日本も捨てたものではないという声が、上がったりしているようだが、長期的にその状態が続くのかどうかということになると、大いに疑問が残る。

例えばバレエやクラシック音楽の世界においては、経済力が背景にあるわけで、ピアノにしろバイオリンにしろバレエにしろ、子供の頃から続けていることと、原則として優秀な先生について習うことが、才能を開花させる条件となる。

そうなってくると当然ながら、新興国においてそういった習い事を、子供の頃から継続的に行える子供の割合というのは低く、逆に国が裕福になってきた段階で、その経済力を背景に条件を満たす子供が増えてくる。

これはフィギュアスケートやテニスにおいてもそうだし、サッカーや野球でも同じことが言える。

つまり高校や大学に入ってから、身に付けたのでは遅い技能というものもあるわけで、アスリートであったり、音楽家やバレエダンサー等であれば、一定の時期までに始めておかなければ、そもそもの足切りにあってしまうということがある。

では日本の状況はどうかと言えば、世界第3位のGDPを誇る経済大国という現状だけではなく、これまでの歴史ということも考えてみると、1990年頃がこの国の経済のピークだったわけで、その頃には競技施設であったり、スケートリンクであったり、所謂箱物と呼ばれるようなものが次々に作られた。

そしてその後の世代というのは、最近になってブレイクをしているし、羽生選手や錦織選手も同様だが、今後もその傾向が続くのかといえば、バブルの崩壊と景気の悪化によって、むしろ状況は悪化している。

スケートリンクが閉鎖されて、フィギュアスケートの有名な選手たちが、継続を求め嘆願していたのも記憶に新しい。

こういった環境の悪化に加え、少子化によって子供の絶対数も少なくなってくるわけなので、母数が減ればとしゅつした才能を持っている子供自体が少なくなってしまう。

こういった状況を考えると、今後10年20年といった単位で見た時に、日本人のアスリートであったり、あるいは音楽家等が世界を舞台にして、活躍するという場面は、減少していくものと思われる。

もちろん、国民の絶対数や子供の数だけが全てを決めるわけではないので、オランダが小国でありながら、サッカー大国であるように、例外の側に入るということは、あり得ない話ではない。

例えば優秀なアスリートを移民として迎え、日本国籍を取らせるとか、あるいはかつてのロシアや中国のように、エリート教育を施すとか、そういったことをすることによって、母数自体が少なくなっても、才能を開花させる割合を増やせる可能性がないわけではない。

実際東京都も、トップアスリート発掘育成事業の募集というものを行っており、日本国籍を持っていて都内に住んでおり、尚且つ都内在住の中学1、2年生を対象にして、書類選考や体力テストなどを行い、未来のトップアスリートを育成していくということを行っている。

尚、対象となる競技は、ボート、レスリング、ボクシング、自転車、アーチェリー、カヌー、ウエイトリフティングの7競技ということで、これらの協議は高校生になってから、トレーニングを始めた場合であっても、一流になれるということが共通点らしい。

元々日本というのは、エリートを生み出す教育というよりは、全体主義と揶揄されることが多いし、それは事実であるとも思うが、世界的に活躍できるアスリートや、音楽家の育成というのは、国威を掲揚するためにも重要な施策となる。

逆に言えば、国力が落ちて、生活が貧しくなっていく中で、日本人のプライドを満たす方法として、お為ごかし的にこういった部分で光を作り、闇の側面を隠すという方法を採用することも、国としての選択肢になっていくのかもしれない。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ