マレーシア生活についてブログに書き続けた結果


ペナンの街並み
マレーシアに移住してきてから、
現地での暮らしについてブログに書いてきた。

その結果、様々な反応が返ってくるようになった。


ロングステイを検討している人から
会ってほしいという連絡が来たことも1度や2度ではない。

サポートをしてほしいとか、
MM2Hの取得までの手続きの詳細を知りたいという問い合わせも。

別に移住に関連するビジネスをしているわけではないのだが・・・。


ブログに日常の出来事を書いているだけでも、
そもそもマレーシアに住んでいること自体が
特殊なことなのだと改めて思わされた。

冷静に考えればそれはそうなのだが、
生活しているとそれが普通になってしまうので、
時々振り返らないと忘れてしまう。



マレーシアの場合には移住者も多いので、
それに関するブログもそれなりにあるものの、
国によっては情報が欠乏している場合も。

たとえば、クロアチアに住んでみようかと思って情報を調べたら、
やはり情報量自体が圧倒的に少なかった。

そもそも、転勤でも結婚でもなくて
クロアチアに移住する人がほとんどいないのだろうし、
ビザ等の手続きもよく分からない。

期待に応えてくれる情報そのものが足りない。

個人のブログももちろん少ない。



これに比べると、マレーシアはブログにしても
ビジネスをしている業者のホームページにしても
数は多いし、基本的な情報は探せば見つかる。

これからロングステイや移住を考えるなら、
とりあえず情報の多い国にするのが無難だと思う。

マレーシアが移住先としてベストとは思っていないが、
有力候補の1つに入ってくるのは間違いないだろう。


クアラルンプールに宿泊するなら、
Villa Samadhi by Samadhiの宿泊がお勧め。

下見というよりも、リゾートを楽しむという目的であれば。

本格的に移住の可能性を考えるなら、
Villa Samadhi by Samadhiで快適にくつろぐより、
airbnbでも使って現地住宅に泊まる方が経験値が増える。

このあたりは以前からブログやフェイスブックで書いている通り。

目的が違えば、取るべき行動も自ずと変わってくる。


なお、同じくクアラルンプールのレストランでは
最近Opium KLとPinchos Tapas Barに行ってきたが、
どちらも美味しかった。

ジョホールバルに比べて、
やはり首都だけあって格の違いを見せつけられた思い。

選択肢の幅の広さも店の質も差があった。


以前に行った店では、
ブログに書いたか定かではないが
Black Forest KLも絶品だった。

マレーシアに移住するなら、
どの街かで生活様式も変わってくる。

特にマレー料理以外がどれだけ充実しているかは、
相当に差が大きいので。

やはりナンバーワンはKLで、
2番手がペナン。

3番手はJBかマラッカのどちらかになるだろう。


もっとも、どのエリアに住むかによっても事情は変わってくるので、
食事情は丹念にリサーチしておきたいところ。



本音を言うと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。

メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ