ボホール島、タグビラランでマッサージを受けてきた




空港やフェリー乗り場から近い、タグビラランのホテルに移動してきてから、部屋は広いもののネットは繋がらず、更に言うと窓からの景色も悪いので、あまり部屋にいるメリットは感じなかった。

とは言っても、このあたりというのは、ボホール島の中でも開発が進んでいるところで、車の交通量も多いため、空気はきれいとは言えず、更に言うと緑も決して多くはない。

セブの中心部以外のところであるとか、マニラのやや郊外に位置するような場所とイメージは重なる。

そういった場所なので、町歩きをするのも、あまり楽しくはなく、若干時間を持て余しているところはあった。

そこで、ホテルの目の前にあったタイロイヤルスパというマッサージに行ってみることにした。

パングラオ島ではビーチ沿いで、マッサージを受けたりしていたので、最近は普段よりもマッサージの頻度は増えているし、元々私は肩が凝ったりしないように、体調管理をしながら仕事をしているので、正直なところ筋肉をほぐしてもらう必要とか、そういったものはあまり感じていない。

しかしながら普段とは、違う体験をちょっとしてみるのもいいと思ったし、痛くないマッサージであれば、リラックスをしながら考え事もできるので、今後タグビラランからセブに戻ってからの過ごし方であるとか、仕事のスケジュールや今後の予定を考える上では、いいかと思い入ってみることにした。

店の前には大きな看板というか、垂れ幕のようなものがあったものの、入口がイマイチよくわからず、結局雑居ビルの2階にあることがわかった。

正直そのビルの階段は、あまりいい雰囲気ではなく、店構えを見てあまり清潔そうでなかったら、そのまま立ち去ろうと思っていたが、店に入ってみると、とても綺麗な作りになっていて、建物自体のクオリティとはだいぶ雰囲気が違っていた。

そして、ハッカの匂いが心地よく漂っていて、この店に入った段階で、鼻の通りがすうすうとしてとてもよくなったことに気付いた。

居心地の良さそうな場所であることに安心して、コースのリストを見てみると、どうやらここはタイ式のマッサージが中心であることがわかった。

店の名前を見てみると、タイロイヤルスパと書いてあるので、明らかにタイ式が中心であることはわかるが、外から見た時にはそこら辺がよくわからなかった。

私の場合、体質的にタイ式のマッサージだと非常に痛みを伴い、全くリラックスできないので、オイルなしのバックマッサージをしてもらうことにした。

置くのマッサージスペースも、とても清潔感があり、このタグビラランの辺りの飲食店の雰囲気とか、町並みとは若干イメージが違うというか、いい方向に裏切られた感じがした。

バックマッサージと言っても、背中だけではなくて、スタートはまず足から始まった。

強め、標準、弱めのどれがいいかと聞かれたので、とりあえずは標準と答えたが、いきなり足のマッサージが痛かったので、やはり弱めという風に指定をしなおして、3分ほど足のマッサージが続いた後で、それ以降は背中中心になった。

それから仰向けになって、腕もマッサージしてもらったりして、1時間が過ぎたが、痛かったのは最初の足の部分だけで、それ以外はとても気持ち良かった。

これならホテルに到着した初日にも、せっかく目の前にあるのだし、行っておけばよかったと思うほどのレベル。

そして、一通りマッサージが終わった後は、お茶を出してくれて、それを飲んで料金を払って帰ったが、1時間でわずかに150ペソということで、日本円にすると400円程度、つくづくフィリピンの人件費や物価の安さを感じることになった。

この金額だと、荒れ果てた室内の雰囲気とか、日本人の感覚としては、衛生的に不安を感じてしまうとか、そういったレベルをどうしても連想するが、実際の店はとてもきれいで、オイルマッサージ用と思われる、シャワールームもしっかりと設置されていた。

今回私が受けたのは、オイルなしだったので、特に帰りにシャワーを浴びることはなかったし、シャワールームの中を確認することはできなかったが、少なくともオイルなしのマッサージであれば、衛生的にも全く心配せずに受けられるレベルだった。

他にもスベリッシュマッサージ等のいくつかのコースがあるので、タグビラランのフェリー乗り場から、セブへ移動するまでの間に時間があればほ、ホテルをチェックアウトした後でも、もう一度行ってみたいと思う。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ