ブダペストへの移住には、残念ながら治安面で決定的な懸念が生じてしまった




9年ぶりにブダペストを訪れてみて、ここは移住先としてとても魅力のある街だという風に感じた。

初めて訪れた時には、数時間の滞在でヴェネツィアからウィーンに行く途中に立ち寄っただけだった。

その時には、夜行列車で疲れた身体で東駅に降り立ち、スーツケースを預けてしばしの観光を楽しんだだけだった。

9年ぶりに海外移住者として次に住む街を探しながらの旅で訪れたハンガリーというのは、随分と印象が変わってここは生活拠点として、かなり魅力的な国なのではないかという風に感じた。

ヨーロッパには90日以内しか滞在できないという縛りがあるにも関わらず、結局ブダペストには1ヶ月の時間を割く程に魅力を感じたのだが、ここにきて治安の面において大きな心配事ができてしまっている。

というのも、この街は元々それほど治安が悪いわけではないが、2015年から大勢のシリア難民をはじめとした移民がハンガリーを通過しており、ハンガリー政府としては移民への受け入れに対して難色を示し、ドイツとの間で緊張が走ったり、国民の間でも負担を嫌う声や不安の声がささやかれている。

そういったことがあるため、外国人に対する嫌悪感とか排斥感情がハンガリー人の間で高まっていないとも限らない。

これは別に国民全体の間に浸透した共通意識でなくても、観光客や移住者にとっては充分な脅威になり得る。



例えば100人に1人が外国人に憎悪を持っていたとして、それをあらわにするような人だったとすれば、充分すぎるほどに毎日の生活に影を落とす要因となり、移民や難民が流れ込むことによってその地域レベルでの治安が悪くなるというのは、もはやヨーロッパの中でも経済が強いイギリスやフランス、ドイツなどを見れば一目瞭然だが、ハンガリーもそのような問題を今後抱えることになり、さらには現地の人と移民との間でのいざこざや、悪感情によってとばっちりを受ける形で、日本人であっても、襲われたり罵倒されたりといった被害に会うことは想像に難くない。

当然ながら、イスラム教徒に比べてそういった被害にあうリスクというのは圧倒的に小さいが、それでも楽観視できないだけの状況があるというのが、今のハンガリーの情勢だろう。

そういった意味で言うと、ブダペストに移住するということを考えた場合、この点については慎重に考えておく必要がある。


治安面以外での移住先としてのスペックは高い

ブダペストというと、いまいち日本人の間では知名度が高くないし、名前は知っていても具体的に何をイメージするかといわれても、キョトンとしてしまうという人が多いと思う。

私自身も実際に訪れるまではそんな状態だった。

しかしながら、街を訪れてみると非常にヨーロッパ的で、パリにも共通する雰囲気がある。

ドナウ川を挟んで東側に当たるペスト地区は、観光地となっている部分も含め、比較的人口密度が高い。

それに対してドナウ川の西側にあたるブダ地区に関しては緑も多くどちらかと言えば一戸建てであるとか、住宅街が広がっているエリア。

どちらも魅力的なのだが、個人的にはブダ地区に住んでみたいという風に思う。

ホテルは両方のホテルを転々として、現地での暮らしも体感したかったので、ホテルアパートメントに泊まったりもしてみたが、やはり利便性という意味で言うとペスト地区の方が魅力的な要素は大きかった。

しかしながら、ブダ地区の住環境としての魅力も捨て難く、歩いていても建物が美しいというのとは別に、緑が溢れていて心が安らぐエリアだった。

日本人にとって嬉しいこととして、ハンガリーは温泉大国で、ブダペストだけで考えてもセーチェーニ温泉や、ゲレールト温泉、ベリベイトルコ温泉などがあり、日本の温泉や銭湯とはまた少し雰囲気は違うが、水着着用の上でプールに近いようなイメージの温泉につかることができる。



食べ物も美味しく、東欧の例に漏れず甘いソースを肉にかけて食べる料理もあって、私がこの国で特に気に入っているのは、プラムソースとブルーベリーを鶏肉の上にかけたものと、鶏肉とスモークチーズをベーコンで巻いてクリームソースをかけたもの。

それ以外もピザをはじめとしておいしい料理が満載なので、食生活という意味で言うと、ブダペストに移住する上で障害は全く感じない。

米料理も食べることができるので、米が恋しくなって苦しむということもなく、ビールやワインも美味しいので食道楽ということでは申し分ない。

さらに言えば、ブダペスト以外にもハンガリーだと、トカイやエゲル、ジュール、ヘレン、ヘレンドなどの魅力的な街があるので、そういったところにも機会があれば住んでみたいとすら思っていた。

しかしながら今回の移民難民の問題もあったので、この辺りのことについてはかなり慎重に考え直す必要がある。

少なくとも、すぐにビザを取ってどうこうしようというレベルに落とし込める状態ではなくなってしまった。

逆に言えば、こういった問題が持ち上がる前に、ブダペストを満喫することができたのは幸いだし、ビフォア・アフターの両方を観察することができるという意味ではむしろ幸運だったのかもしれない。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ