ブラショフからブラン城へバスで行ってきた




昨日ブカレストからブラショフへやってきたものの、ドラキュラ城の元にもなったブラン城には、行くかどうか決めていなかった。

というよりも、ブカレストでの心労もたたっていたので、ブラショフではのんびりと過ごそうかと思っていた。

調べてみると、ブラン城については、わざわざ観光に行くほどの場所でもないというようなレビューもあり、行き方を調べてみると、バスを乗り換えなければいけなかったりするので、やや面倒くさそうな感じがして、ブラショフの町をブラブラして中一日を過ごし、次の町であるシギショアラに移動するのが妥当かと思っていた。

2泊3日したので、ちょうど真ん中の1日というのは、特に予定も移動もなく空いているわけだが、ランチを食べようと思って、すぐ近くにある旧市街に行こうと思ったが、そのついでにレセプションでブラン城には簡単に行けるのかということを聞いてみたら、すぐに行くことができるという返答だった。

話を聞いてみると、オートガラ2というバスターミナルまで行って、あとは30分から1時間に1本のバスに乗れば、30分ほどで到着すると言われた。

ホテルからオートガラ2までのタクシー料金は8レイが妥当で、どんなに多くても10レイまでしか出すなと言われた。

外国人だから20レイとか30レイとか吹っかけられる可能性もあるが、そういう場合は無視するようにというアドバイスを受けて、とりあえず町に出た。

この段階では、ブラン城に行くということが決まっていたわけではなくて、とりあえず昼食を取ろうと思っていたが、せっかくなので地図を見てブラブラと歩いていたら、自然とオートガラ2の方に足が向き、せっかくなので行ってみることにした。

とはいえ、うまくタクシーがつかまらなかったのもあって歩いていったら、思いのほか距離があり、帰りはタクシーを使うことに決めた。

バスターミナルに着くと、まだ15分ほど時間があり、12時40分に次の便が出るということだった。

それまでの間に、簡単に昼食を済ませようと思い、ソーセージや挽肉の料理が影響されている店で、トルコ風の肉料理とピクルスと、キャベツの酢漬けを食べた。

正直なところ、味はイマイチだったが、もはやルーマニアでは慣れっこになっていて、ブラショフにおいては、ピザですらハズレだったという経験も昨夜にしているので、食事については特に期待もしていなかったし、もうどうでもよくなりかけていた。

7レイを払ってバスに乗り、長閑な風景を見ながらのドライブとなった。

しかしながら、ブラショフからブラン城に着くと、急に風邪が強くなって、城の麓にある土産物屋の屋台のパラソルが1つ飛ばされ、それを必死に店員が追っていくという場面にも遭遇した。

更に砂煙もすごく、まさに風雲急を告げると言わんばかりの感じの中、ブラン城に入った。

ここは中規模の典型的な城塞と言われているそうだが、決して規模が大きなところではない。

しかしながら、丘の上にそびえたつブラン城というのは、そこそこの威容があり、ネット上で見た一部の旅行記の意見とは違い、個人的にはなかなか気に入った。

確かに城としての立派さで言えば、ヨーロッパには他にも色々と、もっと上のレベルのものが存在するのは確かだが、ドラキュラ城のモデルになっただけあって、想像力を刺激してくれるという意味では非常によかった。

更に城の上の方に立って外に出ると風が強いので、それもまた冒険心を刺激し、濃密な時間を過ごすことができた。

ブラン城を降りて、せっかくだからこの村で、ビールでも飲みながら仕事をしようかと思ったが、ここで重要なことを1つ思い出した。

ルーマニアはブカレストにおいても、ほとんどの店で室内の喫煙が許可されており、とにかく煙草臭かったということ。

どうやらこのブラン城の麓の村でも、同様の状況があるらしく、2時40分のバスで早々にブラショフに戻り、煙草臭くないホテルの部屋に帰ることにした。

ちなみに時間が中途半端だったので、少し村を歩いていたが、ルーマニアの可愛いらしい雑貨がたくさんあったり、おしゃれなポンチョを試着したり、羊の群れの移動に遭遇したりした。

帰りはタンパの丘の上に表示されている、ブラショフの文字が見えたところでバスを降り、そこからタクシーで移動したが、こちらはブラショフの駅からホテルに行った時とは違い、ちゃんとメーターを使う女性のタクシーの運転手で安心だった。

もしかしたらブカレストと違い、ブラショフにおいては、メータータクシーが導入されていないのではないかという気もしていたが、そうではないこともこの時にわかった。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ