ロンドンのアールズコート近くのホテルに泊まった




今回のロンドンはアールズコート駅と
グロスターロード駅の間にあるホテルに滞在した。

しかもグロスターロード駅が閉鎖されていたため、
自然に使うのはアールズコート駅だった。

もっとも、駅が使えないことを知ったのは、
ヒースロー空港で地下鉄の路線図を入手した時だったので、
イギリスに入ってから初めて気づくことになった。



そういえば、
以前に来た時もクイーンズウェイ駅が閉鎖されていて、
ベイズウォーター駅しか使えなかったことがある。

当時は知らなかったものの、
どうもロンドンでは駅の閉鎖が一般的らしい。

実際、今回も7つ前後の駅が閉まっている旨が
路線図のパンフレットに載っていた。

日本では考えられないことだし、
世界的に見てもこれは珍しいと思う。

東南アジアですら見たことがないほどなので。


もっとも、路線の目が細かいからこそ、
一部の駅が使えなくても問題ないという見方もできる。

実際、今回もアールズコート駅を利用することによって、
大きな不便はなかった。

グロスターロード駅からの行き方を想定していたため、
ホテルまでの道を調べていなかったのは困ったが・・・。



このアールズコート駅というのは、
駅周辺には伝統的なバーも並んでいるし、
近くの街並みもかなり瀟洒な感じになっている。

歩いているだけでも十分に楽しいエリア。


私が知るかぎり、これといった観光名所はないものの、
ロンドンらしい街並みになっている。

ウェストミンスター周辺のような物々しいイギリスらしさではなく、
もっと素朴で日常に根ざした感じをイメージしてもらえばいいと思う。

ちょっと脇道にそれても安全な雰囲気があるので、
その点もうれしい所。


わざわざアールズコートに行くということは少ないので、
ホテルをこのエリアに取ったのは良かった。

と言っても、別に狙って選んだわけではなく、
単なる偶然ではあったし、
ホテルの多いエリアなので確率論的に選びやすいというのもあった。



ここからはやや離れるもののケンジストンガーデンも
歩いていける範囲。

ヴィクトリア&アルバート博物館や自然史博物館も
徒歩圏内に入っている。

そう考えると、さり気なく良い立地なのかもしれない。


以前に訪れていたため、
今回は博物館は大英博物館しか行かずに終わったので、
その点は宝の持ち腐れだったのかもしれない。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ