海外移住に必要な語学力とは


海外移住をするからといって語学が必ずしも必要かと言うと、
意外にそんなことはない。

たとえば、私はマレーシアに住みながらマレー語を覚えず、
フィリピンに住みながらタガログ語を学ばない。

仮に10年住むとしても同じだろう。



その勉強をすることに興味が持てないし、
片言の英語で十分暮らせてしまうので
その国の言語を修得する必要がない。

語学を学ぶなら英語が各地で役立つので無難だが、
逆に1つの国でしか通用しない言葉が話せても
そこに住み続けない限り無意味なわけだし。



そんなわけで、海外移住をする時にも語学力は重視しなかった。

では英語なら流暢に話せるのかというと、
これもまたそうではないわけで、
ほとんど勉強らしい勉強をしたことがない。

海外移住前に1ヶ月ほど自力で英語を学んだものの、それだけ。

レベル的には中学英語のレベルでも、
意外にどうにかなってしまう。

そして、その状態に油断して上達はしない(笑)。



海外移住すれば語学力は上がると思われがちだが、
期待するほど伸びるものでもなかったりする。

たしかに日本では外国人と話す機会がまったくなかったので、
どの場面で何を言えばいいのかが身についた分、
当初よりは話せるようになった。

ただ、きれいな英語がスラスラ口をつくとか、
そういうレベルになるには訓練が必要。

海外に暮らしているだけでは足りない。



ちなみに、フィリピンやマレーシアはもちろん、
インドネシアやタイ、ラオス等でも
観光関連の職業の人には英語は通じる。

たとえばホテルやレストラン、航空会社など。


コンドミニアムを借りるときも外国人向けの業者を使えば
少なくても英語は通じるわけなので
その国の言葉を覚える必要は必ずしもない。

現地で就労するとか、そういう場合を除けば。



Jリーグに来た外国人選手の中に
いつまでたっても日本語を覚えようとしない選手がいると
批判的に論じられるのを見たことがある。

その選手の気持が理解できるようになった。

日本から出た途端に使えなくなる上、
分からなくても困らない言語を覚えるのは気が重い。

語学研修に来ているわけではないのだし、
そのまま英語や母国語で押し通せばいいと思うのは
ある意味で自然な発想なのかもしれない。



そして、何よりも海外移住をして生活していく上で重要なのは
語学力よりも本質的なコミュニケーション能力というか、
人間力ではないかと思う。

シチュエーションや相手の表情によって
言おうとしていることを推測する力とか、
必要なことを主張して伝える能力とか。

そうした力を持っている人のほうが伸び伸びと暮らしている印象を
実際にマレーシアやフィリピンで暮らして感じている。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ